エアアジアの航空券(フライト)の出発日時変更について

この記事内容は既に古くなりましたので、過去の記録として残してあります。
新しく書き下ろした 『予約購入した AirAsia/ AirAsia X フライトを変更する場合の説明』 をクリックしてご覧ください。



エアアジアグループ全体に適用される規則として、予約購入した航空券の出発日時を変更することができます。言うまでもなく、変更後のフライト運賃が最初のフライト運賃より高ければ、その差額を払うことになります。

【フライトの日時変更には変更料がかかる】

ただしエアアジアの常として変更料がかかりますから、その費用と新たに購入する場合の総費用を考慮した方が良い場合もあります。つまり、もしご自分の希望する出発日時で超格安な便を入手できるのであれば、変更料を払って変更するよりも、最初に購入した航空券を捨てて新たに航空券を購入した方がいいことも可能性としてあります。

なおエアアジア航空券はいわば”売り切り”ですから、購入者がその便に乗ろうと乗らまいとAirAsia 側は関知しませんよ。

このブログを書く際に参照しているのは、エアアジア (AirAsia)ホームページの基準サイトであるマレーシア英語ページです(日本語ページは一切参照及び関知はしません)。他の言語ページはほとんどすべて基準サイトを訳すことで製作されているはずだからです。そこで当ブログでは単語や表現はイントラアジアが適切だと考える訳語と訳文を使用しています。
当ブログは、東南アジアを基盤とする AirAsia 及び AirAsia X を日本人利用者のために正確で分かりやすく詳細に案内し、解説するための専門ブログです。
そのため、AirAsia が日本で設立した/する合弁会社エアアジア・ジャパン及びそのフライトに関しては過去と現在と将来に渡って全く扱う対象にしていませんし、関知するところではありません。


変更料はAirAsia サイトの 【諸費用・料金表】 で路線毎に調べることができます。いくつか具体例をあげておきます。
 
東京/大阪 -クアラルンプール路線
航空便の変更料 (1区間につき)国際便 : 5500円

Intraasia注:これまでは5,500円だったが、2012年1月時点で4,000円 と記載が変わった。イントラアジアが1月に変更した時 5500円を課されていたので、おかしいなと思ってAirAsia にメールで問い合わせたら、4000円は古い料金であり、正しくは 5500円であるとの返答を得た。つまりエアアジア (AirAsia)サイトの該当ページの間違いであり、昨年後半頃からすでに5500円になっておりその後変更はないということです。

クアラルンプール - 東京 / 大阪路線
航空便の変更料 (1区間につき)国際便: RM 140

クアラルンプール - バリ路線
航空便の変更料 (1区間につき)国際便: RM 100

シンガポール - クアラルンプール路線
航空便の変更料 (1区間につき)国際便: S$ 50

バンコク - クアラルンプール路線
航空便の変更料 (1区間につき)国際便:THB 1100

最新の変更料は次の記事を参照にしてください
クアラルンプール-日本間を飛行する AirAsia X に関しては、 『エアアジア X で課される航空運賃以外の費用・料金 -最新版-』
AirAsia 各社のフライトに関しては、『エアアジア(AK便, FD便, QZ便など) で課される航空運賃以外の費用・料金 -最新版-』

当ブログで時々強調していますように、行き先つまり路線変更はできません。その航空券を捨てて新たに別路線の航空券を購入するしかありません。
AirAsia サイトには次のようにはっきりと書いてあります:
「行き先変更/路線変更は認めていません。新たに予約購入する必要があります。最初に予約購入用としてお支払いになったお金は没収します。」

こういう基本的情報が未だに日本人利用者に知れ渡っていないことに、日本におけるエアアジア (AirAsia)の紹介のされ方にイントラアジアは疑問を感じます。

日本にお住まいのエアアジアを初めて利用する/利用するつもりの方、エアアジアをまだ利用したことがないが興味あるという方は、当ブログの 2012年1月2日付け記事 『日本人利用者/利用希望者が誤解している、知らない、気づかないエアアジア(AirAsia)のほんと』 をまずご覧ください。


【航空券(フライト)の日時変更のやり方】


1.”自分の予約を管理する”メニューをクリックする。
2.メールアドレスとパスワードを入力して管理メニューに入る。
3.現在の予約購入一覧表が表示される、またこれまでの購入履歴の一覧表も表示。
4.変更したいフライト欄の”変更”の文字をクリックする。

5.するとそのフライトに関する情報、付随サービス、支払った手段と金額などが表示される、そのページで変更したいフライト日時を選んでクリックする。
6.通常の予約手続きと同様に、その変更したフライトの情報と料金が表示される。
7.確認して次のページに進む。

8.機内食などの付随サービス、AirAsia Insure保険、SkyBus切符などに関してそれぞれ、これまで購入したものをそのまま継続するのか、(購入しなかった人は)新たに購入する、しないを選んでいく。
9.変更後の総費用が表示される、これには規定の変更料、付随サービス料などが含まれている。

10.次のページで、変更後の総費用からすでに支払った総支払額が差し引かれた、新たに支払うべき額が表示される。
注意:変更後のフライトの運賃が最初のフライトの運賃よりも安い場合でも、その差額は返金されません。

11. 通常の予約購入時と同様に、支払いページに移るので、必要事項を記入・インプットすればクレジットカード認証が行われ、支払い過程が終了します。なおこの過程は "自分の予約を管理する”メニューを使って日時変更するので、この際クレジットカードの便宜サービス料がまた課金される。

2013年7月追記:例えば最近イントラアジアが AirAsia X フライトの日時変更をしたら、カードの便宜サービス料 RM 8が再度課金された。

大事なこと

支払いが完了して初めて、変更が確定したことになります。ですから必要な差額を払い込まない限り、変更はなされません。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 航空会社
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

airasia

Author:airasia
マレーシア情報を1996年以来発信し続けている Intraasia のエアアジア専門ブログへようこそ! (2010年10月ブログ開始)
AirAsia が初飛行を開始した2002年以来、Intraasia はAirAsiaを観察し利用しています。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
最新コメント
QRコード
QR
最新トラックバック