エアアジアの航空運賃規定  -2012年7月更新

エアアジア (AirAsia)のサイトでは、フライトを検索する際にはその時点で得られる(全ての)フライトが運賃タイプ欄に表示されます、またフライトを決めてから予約・購入を進めていく段階では選んだフライトの運賃タイプが表示されます。

この運賃タイプの種別を知っておくことは利用者として大事なことですから、今回の記事ではこの部分を訳して、航空運賃規定として説明しておきましょう。
2012年7月下旬の追記:その後エアアジアが運賃規定のごく一部と運賃タイプ名を変更しましたので、当ブログでも変更して更新しました。

このブログを書く際に参照しているのは、エアアジア (AirAsia)ホームページの基準サイトであるマレーシア英語ページです。日本語ページはまったく参照しません。他の言語ページはほとんどすべて基準サイトを訳すことで製作されているはずだからです。
そこで当ブログでは単語や表現はイントラアジアが適切だと考える訳語と訳文を使用しています。
当ブログは、東南アジアを基盤とする AirAsia 及び AirAsia X を日本人利用者のために正確で分かりやすく詳細に案内し、解説するための専門ブログです。
そのため、AirAsia が日本で設立した/する合弁会社エアアジア・ジャパン及びそのフライトに関しては過去と現在と将来に渡って全く扱う対象にしていませんし、関知するところではありません。


【運賃規定】

航空会社コードが AK, FD, QZ, PQ, JW である全てのエアアジア (AirAsia)グループ便、及び航空会社コードが D7 であるエアアジア X(AirAsia X)便に適用されます。

航空会社記号と航空会社名: AK - AirAsia、 FD - Thai AirAsia、 QZ - Indonesia AirAsia、 PQ - Philippines AirAsia、 JW - Japan AirAsia

運賃タイプには3種類あり、エアアジア (AirAsia)は以下のように説明しています。

2013年10月の追記及び2014年7月の追記
AirAsia は2013年10月初め頃に、運賃タイプの名称とそれに伴う運賃タイプ毎の特徴を変更しました。
これによって何年もの間使用されてきた従来の Promo(プロモーション運賃)と Regular (通常運賃)という名称はなくなった。なお運賃タイプは依然として 3つある。

詳しくは 『新しく導入された運賃タイプ 'Premium Flex (旧名 ハイフライヤー)  及び低運賃と Business Class (旧名フラットベッド)に関する説明 -2014年最新版』 をクリックしてご覧ください。

当ページ下段にある「イントラアジアの解説」をお忘れなく読んでください。

【プロモーション運賃( promo)】

この運賃タイプで購入された予約は:
・ 出発予定時刻の48時間前までならフライトを変更することができます。ただしこれは、乗客毎且つ区間毎に変更料、及び変更後のフライトとの運賃差額を支払うことが前提になります。
・ 乗客名の変更はできません(Intraasia注:つまり別の人に譲れない)。
・ 適用する人数を管理し制限しているので、どのフライトでも得られるということではありません。
・ 該当する場合には、弊社の輸送約款及び「航空運賃以外の費用・料金表」が適用されます。

【通常運賃(Regular)】

この運賃タイプで購入された予約は:
・ 出発予定時刻の48時間前までならフライトを変更することができます。ただしこれは、乗客毎且つ区間毎に変更料、及び変更後のフライトとの運賃差額を支払うことが前提になります。
・ 乗客名の変更はできません(Intraasia注:つまり別の人に譲れない)。
・ 適用する人数を管理し制限しているので、どのフライトでも得られるということではありません。
・ 該当する場合には、弊社の輸送約款及び「航空運賃以外の費用・料金表」が適用されます。

【プレミアム運賃( Premium)】

この運賃タイプで購入された予約は:
・ 出発予定時刻の48時間前までならフライトを変更することができます。ただしこれは、変更後のフライトとの運賃差額を支払うことが前提になります。
・ 乗客名の変更は予定出発時刻の48時間前まで許される、 変更料が必要(以前は変更できなかった)。
・ 適用する人数を管理し制限しているので、どのフライトでも得られるということではありません。
・ 該当する場合には、弊社の輸送約款及び「航空運賃以外の費用・料金表」が適用されます。
・ エアアジア (AirAsia)公式サイトで宣伝しているようなサービスが無料で受けられます。




【イントラアジア (Intraasia)の解説】

エアアジア (AirAsia)の利用者になる場合、きちんと知っておくべきことの1つとして次の点をあげておきます。
予約購入した便は 1.変更料や差額を払うことで、出発の2日前までなら便を変更できる、 2.ただし行き先の変更はできない 3.その便つまり予約購入そのものをキャンセルして払い戻しを受けることはできません。

AirAsiaグループの運賃は全て変動することは読者の皆さんも既にお気づきでしょう。それは購入時期、飛行時期、発着時間、座席の売れ行き、によって大きく変動します。

格安航空エアアジア (AirAsia)が提供する航空券の中で、超格安といえるのはプロモーション運賃なのです。これは提供される座席数が少ないこともあって、飛行月日よりかなり早めに予約購入しないとまず得られません。また一般的に旅行者が増える時期は超格安運賃の座席数がより少ない上に早く売り切れますし、1日に複数のフライトがある区間であれば便利な時間帯から早く売れる、ということはおわかりですね。

追記:航空座席の稼働率を上げるためでしょう、エアアジアの座席運賃はかなり効率的に設定、変更されていると見なせます。ある路線である飛行時期のフライトの予約購入状況が思わしくなければ(つまり座席がまだたくさん残っている)、そのフライトの出発時期近くになってそれまでよりも幾分安く設定したりまたはプロモーション運賃に組み入れて格安キャンペーンの路線に含めることがよくあります。 このように、路線と飛行時期によっては、一度高めになった運賃が多少低めに戻ったり時にはプロモーション運賃になることがあります。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 航空会社
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

airasia

Author:airasia
マレーシア情報を1996年以来発信し続けている Intraasia のエアアジア専門ブログへようこそ! (2010年10月ブログ開始)
AirAsia が初飛行を開始した2002年以来、Intraasia はAirAsiaを観察し利用しています。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
最新コメント
QRコード
QR
最新トラックバック