日本以外の国発の AirAsia / AirAsia X フライトで掛ける AirAsia 旅行保険の実例

【AirAsia 旅行保険 ( AirAsia Travel Protection )に関する基本知識】

AirAsia サイトの表紙ページには "AirAsia Travel Protection" という項目名で載っている。 AirAsia は保険会社ではないので、もちろん別の会社が旅行保険の引受会社です。

AirAsia がその利用者向けに提供している 旅行保険 "Tune Protect Travel Insurance" を一手に引き受けているのは、Tune Insurance Malaysia Berhad という企業です。この会社は広義の意味で AirAsia 系列の会社です。
なお Berhad (省略形 Bhd)とは全てではないが一般にマレーシアでの上場企業を示す。

このブログを書く際に参照しているのは、エアアジア (AirAsia)ホームページの基準サイトであるマレーシア英語ページです。日本語ページは一切参照及び関知はしません。他の言語ページはほとんどすべて基準サイトを訳すことで製作されているはずだからです。
そこで当ブログでは単語や表現はイントラアジアが適切だと考える訳語と訳文を使用しています。
当ブログは、東南アジアを基盤とする AirAsia 及び AirAsia X を日本人利用者のために正確で分かりやすく詳細に案内し、解説するための専門ブログです。
そのため、 AirAsia が日本で設立して解消した/する合弁会社エアアジア・ジャパン及びそのフライトに関しては過去と現在と将来に渡って全く扱う対象にしていませんし、関知するところではありません。
当ブログで AirAsia X と書く場合は、特に区別が必要な場合を除いて、 AirAsia Xグループの系列会社であるタイ AirAsia X とインドネシア AirAsia X を含みます。 そして航空会社としてのさまざまな規定や特徴は AirAsia グループと AirAsia Xグループを通じてほとんど全て同じです。従って例外的な場合のみ注記します。


当記事では、マレーシアの都市から出発する AirAsia/ AirAsia X フライトの利用者が、AirAsia 旅行保険 ( AirAsia Travel Protection )を購入する場合の保険証券の実例をあげました。到着地はどの国の都市でもかまわないはずです、下記の例ではクアラルンプール発羽田空港着です。
日本の都市発 AirAsia X フライトで利用者が掛ける AirAsia 旅行保険 ( AirAsia Travel Protection )の例ではありません。お間違えのないように。

【"Tune Protect Travel Insurance" 保険証券の実例】

Intraasia が購入した "Tune Protect Travel Insurance 片道補償(One-Way Cover)" の保険証券を画像化したものです。この時は KLIA2 (第2クアラルンプール国際空港) にある AirAsia 航空券販売所で購入した保険なので、Offline International Plan (オフライン国際線プラン) という名称になっている。ウエブ上で購入すれば Online となり、手数料はかかりません。

注意: AirAsia はチケットレス航空会社なので、航空券という概念はもちろんあるが、物体としての航空券はそもそも存在しない。同様に販売所で AirAsia 旅行保険を購入しても、物体としての保険証券はその場で発行されなかった。Intraasia の登録済メールアドレスに PDF形式で添付されて送付されていただけです。

TuneInsureTravelProtection_1.jpg

上掲の保険証券に記載されている主な文章を段落ごとに和訳しました。

この料金は、オフライン方式での予約購入を円滑に進めていく手数料として AirAsia に対して支払われます。

Tune INSURE,AirAsia Travel Protection を購入されました。弊社 Tune Insurance Malaysia Berhad はこの場で次のことを確認いたします:(被保険者としての)保険料が支払われたあなた及び/ または他の方(々)には、 AirAsia 旅程表(PNR:予約購入番号)に示されている旅行中は保険が付保されています。 この旅行保険には Tune INSURE 旅行 一括保険契約の保険約款が適用されます。この保険契約は(上記の画像に示されている)URL で閲覧またはダウンロードができます。

* 注記:Tune INSURE,AirAsia Travel Protection は譲渡、変更、ランク上げ、及び/ または返金を認める条件にはなっていません。

** 保険契約のマレーシア語版の意味に関して不一致、解釈上の曖昧さが起きた場合の全ての含意と意味は、常に英語版が優先します。

*** これはコンピュータが発行した書類です。署名は必要とされていません。

Intraasia 注:Berhad (ブルハットと発音)とは全てではないが一般にマレーシア証券取引所に上場している企業を示す。
マレーシアの通貨は Ringgit Malaysia です、その単位記号 RM は紙幣はもちろん、至る所で使われている。外為市場で使われる MYR という記号は国内の市中ではまず使われません。


【Intraasia のひとこと】
AirAsia の本拠地マレーシアから出発するフライトを利用する場合は、ほとんどの行き先国のフライトでAirAsia 旅行保険 ( AirAsia Travel Protection )が買えそうです。またマレーシアの都市着のフライトでも、大多数の国発のフライトでAirAsia 旅行保険 ( AirAsia Travel Protection )が買えそうです。しかしながら、全ての行き先国フライトまたは全ての出発国フライトでこの保険が購入できるかどうかまではわかりません。




AirAsia 会員になると、何ら手続なく自動的に ”AirAsia BIG ロイヤルティー会員”= ”BIG Shot" になります。 そこで 『AirAsia BIG ロイヤルティープログラムの基本知識と問答 - 全面改訂新版』 をクリックしてよくお読みください。

AirAsia は1年365日、複数のセールスプロモーションを行っており、決して特定の時期だけではありません。 『エアアジアのセールスプロモーションについて例を上げて説明します』 をご覧ください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 航空会社
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

airasia

Author:airasia
マレーシア情報を1996年以来発信し続けている Intraasia のエアアジア専門ブログへようこそ! (2010年10月ブログ開始)
AirAsia が初飛行を開始した2002年以来、Intraasia はAirAsiaを観察し利用しています。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
最新コメント
QRコード
QR
最新トラックバック