BIC ロイヤルティーポイントを使って、AirAsia フライトに引き換える際の説明とその実例

AirAsia はそのサイトで非常にという形容がまさにふさわしいほど、AirAsia BIG ロイヤルティープログラムを宣伝し、奨励している。 AirAsiaサイトで会員ページにログインすることは BIG Shot ログインと呼ばれる、また AirAsia 会員に加入登録することは BIG Shot に加入登録することである。
なぜなら、 AirAsia 会員登録とBIG ロイヤルティープログラム参加は、既に統合されて1本化されたからです。

あらかじめ 『全面刷新された AirAsia BIG ロイヤルティープログラムサイトの特徴』 記事をクリックして、よくお読みください。今回はその記事内容を基にして、ポイント引き換えを使った AirAsia フライト購入の説明です。

このブログを書く際に参照しているのは、エアアジア (AirAsia)ホームページの基準サイトであるマレーシア英語ページです。日本語ページは一切参照及び関知はしません。他の言語ページはほとんどすべて基準サイトを訳すことで製作されているはずだからです。
そこで当ブログでは単語や表現はイントラアジアが適切だと考える訳語と訳文を使用しています。
当ブログは、東南アジアを基盤とする AirAsia 及び AirAsia X を日本人利用者のために正確で分かりやすく詳細に案内し、解説するための専門ブログです。
そのため、 AirAsia が日本で設立して解消した/する合弁会社エアアジア・ジャパン及びそのフライトに関しては過去と現在と将来に渡って全く扱う対象にしていませんし、関知するところではありません。
当ブログで AirAsia X と書く場合は、特に区別が必要な場合を除いて、 AirAsia Xグループの系列会社であるタイ AirAsia X とインドネシア AirAsia X を含みます。 そして航空会社としてのさまざまな規定や特徴は AirAsia グループと AirAsia Xグループを通じてほとんど全て同じです。従って例外的な場合のみ注記します


当記事の中では、Intraasia が獲得したBICロイヤルティーポイントを使って、2015年にマレーシア国内線フライト(AK便)に引き換えた(Redemption)際の例も示しておきますので、皆さんの理解の一助にしてください。

【ポイント引き換え(Redemption)を進めていく手順(2通りある)】

1. My BIG Shot アカウントにログインする
2. するとBIG Shot の会員ページつまり AirAsia 会員ページが開く
3. 左側に表示されている大メニュー項目である My BIG ポルタルの中から "Redeem my Flights (フライトに引き換える)" をクリックする
4.次いで airasia.bigcom のサイトつまり BIG Shot Portal Login (BIG Shotポルタルログイン)が別ページで開くので、再度ログインをする。
5. すると通常のフライト購入の場合と同様な予約購入画面が表示される

または 別の手順でも構わない
1. airasiabig.com/my とブラウザーに入力して airasia.bigcom のサイトを開く
2. その表紙ページ上部のメニューにある ”Redeem" をクリックする。
2. ページが変わって ”Redeem BIG Points" という大きな文字が表示されている。その中から "Redeem Flight(フライトに引き換える)"というアイコンをクリックする
3. BIG Shot Portal Login(BIG Shotポルタルログイン) が別ページで開くので、通常のログインを行う
4. すると通常のフライト購入の場合と同様な予約購入画面が表示される

注意: AirAsia サイトの常で、この種の画面の一部が多少変更されることがよくある。よって手順の一部も変わることになる。実際に Intraasia がフライトに引き換えた際の画面と現時点(2010年10月下旬)での画面では多少異なる点が既にある。 上記は現時点での画面と手順に合わせています。

【フライトに引き換え(Redemption) に成功して旅程表を受け取る】


こうして通常のフライト購入の場合と同じように、目的のフライトを選択して購入過程を進めていく。無事ポイント引き換えができてフライト購入が完了すると、PDF形式の旅程表(Travel Itinerary) が添付された予約確認メールが必ず登録先メールアドレスに送られてくる。

下図はその旅程表(Travel Itinerary)に含まれている支払い明細(Payment Details) のページを切り取ったものです。いわば領収書になる部分です。

PaymentdetailsRedeem.jpg


これまでに説明したように、BICロイヤリティーポイントで引き換えられるのは、フライトの基本運賃だけです。従って空港税などの税金、空港利用料、あらゆる種類の付随サービス料 (add-on)、(現在は掛からない)燃費サーチャージは、別途支払う必要がある。

別途支払い項目とその料金明細は図の左側に表示されている。
なお Intraasia は機内荷物預け、機内食といった付随サービス (adds-on) は一切購入しないので、図の左側にその内容は表示されていない。

この例では Intraasia は選択としてマレーシアの銀行口座から直接引き落とししたので、付随した費用(Add-Ons)の項目にその旨が表示されている。日本人利用者の場合は、この項目がクレジットカード利用手数料またはその他支払い手段での手数料となる。

図の右側部分の 額 (Amont) の項目に、ポイントを引き換えた(Redeemed) となっているところが肝心な点です。

最下段の 支払総額(Amount)項目は、このポイント引き換えの際に、合計して幾ら払ったかが表示されている。繰り返し強調しておきます、BIC ロイヤリティーポイント引き換えであるフライトを予約購入した場合、この支払総額の箇所がゼロ(零)になることはない。

基本運賃に引き換える際ロイヤリティーポイントが足りなくて一部現金で充足させた場合は、その金額が手数料や付随した費用に加えられて、支払総額として表示される。
参照:『全面刷新された AirAsia BIG ロイヤルティープログラムサイトの特徴』記事の【BIG ポイント + 現金という選択もできる】部分を読んでください。

【 Intraasia の説明とコメント】

BIG Shot Portal Login(BIG Shotポルタルログイン)ページが AirAsia サイトとは異なる URL になっているのは、BIG ロイヤリティープログラムは Think BIG Digital Sdn Bhd が運営しているからです。だから上記の手順の一番目例では二重にログインする必要がある。

AirAsia グループの各フライトごとに必要な BIG ロイヤルティーポイント数は決まっている。『全面刷新された AirAsia BIG ロイヤルティープログラムサイトの特徴 』 記事内の AirAsia BIG 固定ポイント の部分をご覧ください。
ただし AirAsia ビジネスの常で、時々しかし不定期に必要ポイント数を割り引くプロモーション/キャンペーンが行われる。そういう時は通常時の半分以下の必要ポイント数になることもある、しかしそれは路線によって大いに異なるので、全ての路線でということではない。

なお D7便のマレーシア-日本路線、 XJ便のタイ-日本路線のフライト引き換えに必要なポイント数は、例えプロモーション/キャンペーン期間中でも、数千ポイント程度に下がるようなことはない。

BIGポイントは予約購入したフライトが実際に出発した後で加算される。購入した時点ではありません。さらに利用者がフライトに乗ろうと乗らまいと、予約済機内食を食べた食べなかったということには関係なく、ポイントは付く。なぜならお金は既に支払っているからです。

こうした BIG ロイヤルティープログラムの基本知識は 『AirAsia BIG ロイヤルティープログラムの基本知識と問答 - 全面改訂新版』 をクリックしてお読みください。




Thai AirAsia X (記号 XJ)については、 『タイエアアジア X の日本路線で課される航空運賃以外の費用・料金 -最新版-』 をクリックしてください。
AirAsia X を除く AirAsia 各社のフライトに関しては 『エアアジア(AK便, FD便, QZ便) で課される航空運賃以外の費用・料金 -最新版-』 をクリックして開き、費用と料金面をよく知っておきましょう。

『AirAsia グループに属する各航空会社名とその航空会社記号(コード)』 では各国に設立された AirAsia グループの航空会社の記号を案内しています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 航空会社
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

airasia

Author:airasia
マレーシア情報を1996年以来発信し続けている Intraasia のエアアジア専門ブログへようこそ! (2010年10月ブログ開始)
AirAsia が初飛行を開始した2002年以来、Intraasia はAirAsiaを観察し利用しています。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
最新コメント
QRコード
QR
最新トラックバック