AirAsia 会員アカウント(My BIG Shot アカウント)ページを解説します

重要なお知らせ
AirAsia サイトの会員アカウントページの内容が大きく変更されたことから、当記事も内容を大幅に改訂して別記事として新たに掲載しました。
そこで 『AirAsia 会員アカウント(兼AirAsia BIG会員アカウント)ページを解説します -2016年改訂新版』 をクリックしてご覧ください。

なお現在開いているこの記事は過去の記録として残してあるので、説明は全て 改訂新版 を参考にしてください。



はじめに
Intraasia がこの記事を初掲載した翌日に AirAsia は、 AirAsia 会員( ”My BIG Shot”アカウント)ページの内容を変更した。この変更によって、それまでは一応別々であったAirAsia 会員ページと BIG Shotアカウントページが完全に統合された。従って AirAsia 会員はそのページ内で切れ目なく、BIGポイントを確認することができる、引換えられる、ようになった。
AirAsia は、会員にBIGポイントをいかにたくさん稼せいでもらうかに尽力している。つまりポイントを容易に引換えできる(redemption)ようにし、そしてよりポイントを稼ぐべく AirAsia フライトと付随サービスをさらに購入してもらう、という点に非常に力を入れていることがこのアカウントページの変更からもわかります。
初掲載:2015年4月1日、  更新歴:2015年4月、9月、2016年1月、2月

このブログを書く際に参照しているのは、エアアジア (AirAsia)ホームページの基準サイトであるマレーシア英語ページです。日本語ページは一切参照及び関知はしません。他の言語ページはほとんどすべて基準サイトを訳すことで製作されているはずだからです。
そこで当ブログでは単語や表現はイントラアジアが適切だと考える訳語と訳文を使用しています。
当ブログは、東南アジアを基盤とする AirAsia 及び AirAsia X を日本人利用者のために正確で分かりやすく詳細に案内し、解説するための専門ブログです。
そのため、 AirAsia が日本で設立して解消した/する合弁会社エアアジア・ジャパン及びそのフライトに関しては過去と現在と将来に渡って全く扱う対象にしていませんし、関知するところではありません。
当ブログで AirAsia X と書く場合は、特に区別が必要な場合を除いて、 AirAsia Xグループの系列会社であるタイ AirAsia X とインドネシア AirAsia X を含みます。 そして航空会社としてのさまざまな規定や特徴は AirAsia グループと AirAsia Xグループを通じてほとんど全て同じです。従って例外的な場合のみ注記します。


AirAsia 会員の方が AirAsia サイトでログインすると、まず最初に表示されるのがその人の AirAsia アカウントである ”My BIG Shot”アカウントページです。

そのページには、会員 (アカウント保有者)の氏名、BIG Shot ID番号、その時点における獲得した BIGポイント数、が大きく表示される。

AirAsia 会員のアカウント( BIG Shot アカウント)のページには、2015年4月初旬時点で5つの大項目とその下に計18個の中項目がメニューとして表示されている。
注:アカウントとは訳せば口座となるが、銀行やクレジットカードの口座とは関係ありません。

その大項目の下にある中(下位)項目を選んでクリックして、自分の目的の行為を行うことになる。

【予約購入】

予約購入の下位項目は5つある:フライトを予約購入、自分の予約を管理、自分の過去のフライトを閲覧、自分の予約状態、払い戻し状況、

・フライトを予約購入:文字通り、フライトを予約購入するためのページへ進む。

・自分の予約を管理:既掲載である 『自分の予約を管理する(Manage my booking)メニューの特徴と利点を説明します-改訂版』 記事をクリックして開きご覧ください。

・自分の過去のフライトを閲覧:これまで利用した AirAsia /AirAsia X フライトの一覧が表示される。(実際には、上記の自分の予約を管理項目と同じ表示になる)

・自分の予約状態:予約購入をしたが首尾よくいったのか不安であるといった場合に、予約の状態をチェックする機能です。

基本知識:予約すると登録したメールアドレス宛てに必ず確認メール( Your AirAsia booking has been confirmed というタイトル)がまず送付されて来る。
その後に別メールで旅程表”AirAsia Travel Itinerary”が添付されて届く。この旅程表はPDFファイルなので、ダウンロードして保存するまたは印刷しておくことをお勧めします。”AirAsia Travel Itinerary”には、支払い明細のページも含まれている。

この項目を開くと、出発月日と出発地と到着地を入力する画面になる。正しく入力すれば、予約購入したフライトが予約購入番号と共に表示される。
その表示されたフライトの横に”二重予約”の文字も載っているので、もし二重に予約購入していたら、その部分をクリックすることでその旨を簡単に報告できる。

注意:一つの予約購入番号で復路も予約している場合は、往路の情報を入力すること。この場合、往路便が既に飛行した月日になっても構わない。
Intraasia 注: AirAsia の往復という概念を少なからずの日本人利用者は間違って捉えている。 AirAsia が意味する往復とは、あくまでも片道とその逆方向の片道を一緒に購入するということです。往復航空券という概念があるわけではない。

”自分の予約状態”項目は、基本的に多くのフライトを予約している人が使うようになっている。フライト予約が数本程度の利用者は、上の”自分の予約を管理”項目を閲覧すれば、予約購入済のフライトの内容をより簡単に確認できる。

・払い戻し状況 (My refund status) :キャンセルされたフライトに対する返金状況、その他 AirAsia が認める事柄に対する返金状況を確認する場所です。
AirAsia 側の都合によるキャンセル、自己都合によるキャンセルでの空港税の返金、その他の事柄に対する返金の際に、この箇所で返金の状況を知ることができる。予約購入番号 (Booking number ) または AirAsia が通知してきた事例番号 (Case number ) を所定欄に入力することで状況を確認することができる仕組みです。
『予約購入したフライトをキャンセル、乗らない、空港税の払い戻し請求、に関するさらなる説明』 記事に目を通してください。

次の2つは、恐らく2015年第4四半期頃であろう、追加された新しい項目です。
・ E-ギフトバウチャー eGV
・ E-ギフトバウチャー eGV 購入歴
参照: 『E-ギフトバウチャー (eGV) の解説と案内』 をクリックしてご覧ください。

【私のBIG ポルタル】

私のBIG ポルタルの下位項目は2つある: BIGポイントを管理、自分のフライトに引換える

・BIGポイントを管理: この項目をクリックすると、獲得したBIGポイント数が表示され、3つのメニューが現れる、 1.ポイント数を使って AirAsia フライト、限定されたホテルでの宿泊、特別な引換え品、に引換えるためのメニュー。  2.貯めたポイントを家族または友人に譲るため、及びポイント変換ためのメニュー。  3.獲得したはずのBIGポイントがこの表示数に加算されていないとして、調査を求めるメニュー。

・自分のフライトに引き換える(Redeem):この項目をクリックすると、獲得したポイントを使って好みのフライトを予約するページに切り替わる。

【私のBIG-クリック】

私のBIG-クリック ( My Big Paay) の下位項目は3つある:クレジット/デビットカードの登録、支払いオプションの管理、クレジット口座を閲覧、

・クレジット/デビットカードの登録:常時使うつもりのクレジットカード/デビットカードをあらかじめ登録しておくと、予約購入の際、面倒な番号やカード登録先住所などを入力する手間が省ける。さらに追加のクレジットカードとしてもう1枚登録できる。

・支払いオプションの管理:実際には、上記のカード登録と同じ画面が表示される。

・クレジット口座を閲覧:この名称となっていてもクレジットカードや銀行とは全く関係ない。 AirAsia 会員になるとその人固有の account が自動的にできる。それを口座と呼ぶわけです。通常の予約購入の際には、この項目はほとんど関係がない。

AirAsia の用語である ”クレジットシェル(credit shell)” がこの口座に振り込まれる。クレジットシェル金額が表示されていれば、それを使って AirAsia フライトの購入にあてることができる。
なおクレジットシェル(Credit Shell) の有効期間は発効日から90日間であり、その期間内に使い切らないと全額または残額は没収される(無効になる)、クレジットシェルは他人に譲れません。この用語と概念はほとんどの方には馴染みがないので、理解しにくいのは仕方がありません。

『予約購入したエアアジア便のフライトスケジュールが思いがけずに変更されたらどうすればいいか』 記事は、払い戻し、クレジットシェル、クレジット口座に関係ありますので、クリックしてお読みください。

【個人情報の設定】


個人情報の設定の下位項目は6つある:個人情報を閲覧と更新、自分の旅行書類、緊急時の連絡先、第2電子メールを登録、パスワードの変更、 AirAsia ニュースメールの配信、

・個人情報を閲覧と更新:会員の個人情報を変更するのはここです。氏名の綴りは必ずパスポートの記載通りにすること。なお氏名の訂正に関しては下段の説明部分を参照してください。

・自分の旅行書類: AirAsia が使う travel document という意味は、日本人においては要するにパスポートのことです。パスポートの情報をここに保存しておく。

・緊急時の連絡先:この登録は任意です。

・第2電子メールを登録:補助的に使うメールを登録しておく。この登録は任意です。

・パスワードの変更:説明不要ですね。

・AirAsia ニュースメールの配信:プロモーションのお知らせなど AirAsia が配信するニュースレターを受信したい人は、受信に設定しておく。もちろん任意です。

【私の好みを選択】

・家族と友人:同伴者、同乗者になる可能性がある家族や友人とその個人情報をあらかじめ保存してしておく、つまり氏名と住所と国籍、及びその人のパスポート情報を保存しておく。そうすることで予約購入時にいちいち入力する手間が省けるので、家族や友人のフライト分を予約購入するのが容易になる。

・私のフライトスタイル:機内預け荷物の重さクラスを選んで記憶させておく。 AirAsia 旅行保険を掛ける、掛けないを記憶させておく。予約購入時の際、該当する画面でこの設定が読みだされる仕組みです。
a. 機内預け荷物の選択: 荷物を預けない、15kg, 20kg、25kg, 30kg、40㎏、
b. AirAsia 旅行保険の選択: 購入する、購入しない

ここで選択内容を記憶させておいても予約購入過程で異なる選択もできる、と書かれている。

Intraasia注:フライトスタイルの所で AirAsia 旅行保険の選択として購入しないを選択しておいても、ウェブチェックインの際には再度、旅行保険を購入する、購入しないの選択を尋ねてくる。 AirAsia は付随サービス収入を上げるためでしょう、利用者に選択する機会をしつこく提示します

氏名の訂正について説明 - AskAirAsia を参照したもの
別の人に変更することは認められていません、氏名の一部だけを訂正する場合に限定です。

誤り、綴り間違い、姓と名前の順序違い、旅券記載の氏名と異なっている場合、次のような訂正だけが許される:
・タイプ間違いしたアルファベットを3字以内で訂正
・Mr. Ms の敬称を変更、 男女の性別を変更
・姓と名前の位置(順番)を変更

Intraasia注:AirAsia サイトで氏名を登録または記入する場合、必ず Given name(つまり名前のこと、First nameとも書かれる) , Family name/Surname(姓)、という区分名が表示されるので、それに従がって記入するだけです。 これを正しく記入しておけば、あとは気にする必要はない。
敬称 (Title) の選択は何語であれ現在は2つだけからです、男性は Mr、 女性は Ms 。

この部分に関しては『AirAsia に関する日本人利用者のよくある質問、疑問に答える』 をクリックして該当項目もお読みください。

【最下段のメニューについて】
AirAsia アカウント = ”My BIG Shot”アカウントページの最下段には、現時点では2つのメニュー項目が載っている。いずれも上記で説明した下位メニュー項目から抜き出して、それをアイコンの形で掲載しているだけです。 (この最下段に載っている掲載項目は2015年4月初めに突然変更されて次のようになった。これからも変わる可能性があるでしょう)
・BIGポイントをホテル宿泊に引換えるためのメニューアイコン
・獲得したはずのBIGポイントが加算されていないことを調査してもらうためのメニューアイコン: フライトの場合とフライト以外の場合

【 AirAsia アセアンパス】 
右側にある黒いアイコンをクリックすると  ”AirAsia Asean Pass を購入する/ 管理する” ためのページが開く。その後は指示に従って進めていく。


この記事で解説しましたように、 AirAsia 会員アカウント(My BIG Shot アカウント)メニューはたいへん多機能です。多くの人には関係がないであろう機能も織り込まれている。込み入ったメニューですから、数回目を通したぐらいでは全部理解するのは無理です。
しかしながら、 AirAsia を利用する以上は、必要になった時にすぐ探して使える程度に、”AirAsia 会員アカウント(My BIG Shot アカウント)”メニューの特徴と利点を覚えておいた方がよいと言えます。




AirAsia サイトで予約購入する前に 『AirAsia サイトで予約購入する際とウエブチェックインする際に表示される文言を解説し、注意点を述べる』 をよく読んでおきましょう。そうすれば予約の際の不必要なミスは防げます。
当ブログでは様々な状況における対処法も載せています。例えば 『幼児を追加する場合及びグループ予約を分割する場合の新しい規定』 です。
『AirAsia と AirAsia X の路線棲み分け及びエアアジアグループ各社の路線新設・廃止の多さ』 のような知識も持っておきましょう。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 航空会社
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

airasia

Author:airasia
マレーシア情報を1996年以来発信し続けている Intraasia のエアアジア専門ブログへようこそ! (2010年10月ブログ開始)
AirAsia が初飛行を開始した2002年以来、Intraasia はAirAsiaを観察し利用しています。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
最新コメント
QRコード
QR
最新トラックバック