空港税の払い戻しについて、請求して入金するまでを実例に基づいて説明する

AirAsia 利用者側の都合で予約購入済のフライトに乗らなかった場合、乗る意思を変えた場合、運賃類、付随サービス(Add-on) は一切返金されない、これは AirAsia 流ビジネスの基本原則の1つである、と当ブログはこれまでくどいくらい何回も強調してきました。

参照:独立した記事としても掲載している: 『エアアジアの航空券はキャンセルして払い戻しは受けられない』

ですから、このごく基本的知識を持たずに AirAsia のフライトを予約購入した人は、参考にしたウエブでの情報、出版物での情報、友人・知人からの情報がいかにお粗末かであるかを認識するしかないでしょう。

さて今回の記事をお読みになる前に、次の記事をまず最初にお読みください: 『予約購入したフライトをキャンセル、乗らない、空港税の払い戻し請求、に関するさらなる説明』
この記事を基にして、空港税がどのように払い戻されたかを説明していきます。
なお医療上の/病気の場合の払い戻しに関しては、時々誤解されている日本人利用者がいることに気がつきます。その記事をよくご覧ください。

このブログを書く際に参照しているのは、エアアジア (AirAsia)ホームページの基準サイトであるマレーシア英語ページです。日本語ページは一切参照及び関知はしません。他の言語ページはほとんどすべて基準サイトを訳すことで製作されているはずだからです。
そこで当ブログでは単語や表現はイントラアジアが適切だと考える訳語と訳文を使用しています。
当ブログは、東南アジアを基盤とする AirAsia 及び AirAsia X を日本人利用者のために正確で分かりやすく詳細に案内し、解説するための専門ブログです。
そのため、 AirAsia が日本で設立して解消した/する合弁会社エアアジア・ジャパン及びそのフライトに関しては過去と現在と将来に渡って全く扱う対象にしていませんし、関知するところではありません。
当ブログで AirAsia X と書く場合は、特に区別が必要な場合を除いて、 AirAsia Xグループの系列会社であるタイ AirAsia X とインドネシア AirAsia X を含みます。 さらに航空会社としてのさまざまな規定や特徴は AirAsia グループと AirAsia Xグループを通じてほとんど全て同じです。従って例外的な場合のみ注記します。


本題に入ります。
利用者側の都合で予約購入済のフライトをキャンセルした場合は、利用者に払い戻されるのは、空港税だけです。ただし日本の空港で課される空港保安サービス料がこの空港税の範疇に含まれるかどうかは、 AirAsia サイトが言明していないので不明です。
これまで数十回 AirAsia フライトに乗らなかった(要するに放棄した)Intraasia ですが、日本発の AirAsia X フライトに乗らなかったことはない、従って日本発便の空港税払い戻し請求自体をしたことがない。

【東南アジアの国発クアラルンプール行きフライトに乗らなかった際の実例】

昨年(2014年)乗らなかった(放棄した)東南アジアのある国発クアラルンプール行きフライトについて、珍しく空港税の払い戻しを請求しましたので、その交信記録をここに抜粋して載せて、読者の皆さんの参考にします。
なおマレーシア国内便に乗らなかった場合、空港税の払い戻し請求は実質的に意味がない。なぜなら、払い戻し料が乗客1人且つ1区間につき RM 15だからです、つまり必ず空港税より高くなる。

参考: 空港税の返金に関する AirAsia の規定から
ノーショーつまり予約した日時に空港に現れなかった利用客に空港税を払い戻す場合は、払い戻し料を差引きます。

東南アジアの国々は当然国によって空港税及び関連の額が異なる。また一部の国々では、航空運賃以外の諸費用・料金が米ドルで課される。

さてこの時 Intraasia の場合は、支払った空港税から払い戻し料を差し引くと、わずかながら残額がある。要するに理論上はこの額が払い戻されることになる。

【 AirAsia の規定に従って空港税の返金を請求した】

払い戻しの申請は AirAsia サイトの e-Form に記入して送信する必要がある。その他の手段はありません。詳しくは 『AirAsia 利用者が求める払い戻しに関する新しい規定 』 をよくご覧ください。
空港税の払い戻し請求において、書類を添付する必要はない、そして請求できる期間は、そのフライトの出発年月日から6か月間以内でなければならない、という規定です。

なおこの時 Intraasia が空港税返金を請求したフライトは、請求時点から数か月前の出発月日であったフライトです。
基本知識:AirAsia グループのフライトは、利用者の都合でキャンセル(乗らない)する場合、利用者はなんら通知する必要はない。

そこで AskAirAsiaページを開き、そのページの最下段にある e-Form をクリックして必要事項を記入して送信しました。
・e-Form の Case category 項目には "Refund" という選択肢があるので、それを選ぶだけです。
・Booking number とはもちろん 予約購入番号のことです。

細かな説明は全て上記の 『予約購入したフライトをキャンセル、乗らない、空港税の払い戻し請求、に関するさらなる説明』に書いてあります。

【 AirAsia から届いた2つのメール内容】

e-Form を送信したその日に、 AirAsiaから受信確認のメールが届きました。
その抜粋を示します:
RE: Booking No.: XYZ789

Thank you for e-mailing AirAsia. We are in the midst of reviewing your request for refund. We will notify you on your refund entitlement(s) once the validation process has been completed.
意味:AirAsia 宛の電子メールをありがとうございます。弊社は返金の請求に関して調査しているところです。その請求が有効かを確認する過程が終わり次第、お客様に返金をお求めになる権利がおありかどうかについて、弊社からお知らせを差し上げます。

Here is your case number for reference:
意味:参考までにお客様の事例番号です: CAS-12345678-ABCDEF

You may expect an update from us within 24 hours.
意味:(この件に関して)弊社からの更新情報を24時間以内にお知らせします。

Intraasia 注:この確認メールと次に紹介する通知メールは、自動送信されてくるメールです。定型文が書かれている。

上記のメールに書かれているように、何時間か後に、請求資格ありとの通知メールが届きました(Intraasia の場合は同日だった)。
その抜粋です:
We are pleased to inform you that your refund has been validated. This refund process would take thirty (30) business days to be completed. So, kindly check your credit card / bank account after the said period.
意味:お客様の返金請求が正当であると確認したことをお知らせします。返金を処理する過程が済むまでには(最高で)30営業日がかかります。従いまして、その期間が経過した後で、お客様のクレジットカード口座また銀行口座をチェックしてください。

If you are an AirAsia member, you can view the status of your refund application on our website.
お客様が AirAsia 会員の場合は、 AirAsia サイトの”自分の予約を管理する(Manage my booking)”メニューで、返金請求の状況をご覧になれます。

Intraasia 注: 『AirAsia 会員アカウント(My BIG Shot アカウント)ページを解説します』 をクリックしてご覧ください。 
このメニュー内に、返金請求の状況をチェックする項目(My Refund Status)があるので、メールに記載されている事例番号(Case Number): CAS-12345678-ABCDEF または予約購入番号 (Booking Number):XYZ789 を入力すればよい。

【最終的に返金請求を承認したことを通知するメールが届いた】

その後約1週間して、AirAsia から空港税返金の請求を承認したとの通知メールが届きました。
RE: Booking No. XYZ789
Case Number : CAS-12345678-ABCDEF

Please be informed that your refund claim is approved and we have submitted this matter to your bank for their further action. The refund process shall be subject to your bank policies for completion
意味:次のことをお知らせいたします:お客様の(空港税の)返金請求の件は承認されましたので、弊社からお客様の銀行に対して処理を進めてもらうべくこの件を通知いたしました。返金の処理は、銀行がその銀行の方針に基づいて済ませます。

- If you paid the booking with a credit card / debit card, the payment will be refunded to that particular credit/debit card.
意味:お客様がクレジットカードまたはデビットカードで支払われた場合は、払い戻しはそのクレジットカードまたはデビットカード宛に行われる。

- If you paid the booking using modes other than credit card/ debit card, the payment will be refunded to the account details which you have provided.
意味:お客様が上記以外の方法で支払われた場合は、お客様から知らされた特定の口座宛に払い戻しが行われる。

We appreciate if you could kindly liaise directly with your bank after this notification
意味:弊社は、お客様がこのお知らせメールを受領された後で、ご自分の銀行に直接コンタクトされることを期待しております。
以上

【実際に入金されるまでには日数がかかる】

Intraasia はクレジットカードで支払っているので、この実例ではクレジットカード宛に空港税の払い戻しが行われた。
AirAsia から空港税返金の請求資格ありとの通知メールが届いてから、実際にIntraasia のクレジットカード口座に入金されたのは55日後のことです。

クレジットカードの保有者は自分のクレジットカード口座をインターネットで閲覧できるので、請求月毎に明細が事前にわかる。その明細の中で例えば2014年何月分は利用分がいくら、入金分(つまり返金)がいくらと事前にわかりますよね。だから実際に入金されるよりも何日か前に、口座に入金(つまり返金)が行われるとの情報は得られます。

各クレジットカード毎に決済日が決まっているため、 AirAsia から返金が行われた後で、それがクレジットカード口座の残高に反映するのは、日数がかかるということです。

以上で Intraasia が空港税の返金を請求して、それが実際に払い戻されて受け取った時点までの経過です。元々空港税として支払った額が日本の空港ほど高くはない上に、払戻し手数料を引かれるので、返金額は微々たる額です。
それでも返金を請求したのは、このブログで説明例とするのが主たる目的でした。




タイ AirAsia X については  『タイエアアジア X の日本路線で課される航空運賃以外の費用・料金-最新版-』 をクリックしてください。

AirAsia X を利用される方は、あらかじめ 『エアアジア X で課される航空運賃以外の費用・料金 -最新版-』 を開いて AirAsia の費用・料金システムをよく承知しておきましょう。

複数の路線を1つの予約購入番号でまとめて購入する場合は 『複数路線 (Multi-city) 予約購入の説明』 をよくお読みください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 航空会社
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

airasia

Author:airasia
マレーシア情報を1996年以来発信し続けている Intraasia のエアアジア専門ブログへようこそ! (2010年10月ブログ開始)
AirAsia が初飛行を開始した2002年以来、Intraasia はAirAsiaを観察し利用しています。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
最新コメント
QRコード
QR
最新トラックバック