AirAsia フライトでの roKKi Wi-Fiサービスに関するニュース及び説明と問答 -  改定増補版

はじめに 
AirAsia は機内WiFi サービスである roKKi チャットの規定や説明内容を、恐らく2015年第3四半期になってからでしょう、大幅に改訂増補しました。
AirAsia は規定やサービスの内容に関する変更、改訂、削除、増補について、ほとんどの場合サイトでお知らせとして掲げないあり方なので、その正確な時期はわかりません。 こうした変化に気づくためには、AirAsia サイトと AskAirAsia ページを小まめに閲覧するしか方法はないでしょう。

そこで当ブログは AirAsia サイトの様々なページの内容更新に気づき次第、できるだけ早急に更新しています。当ブログの多くの記事に更新歴があるのは、こういう AirAsia サイトの特徴に合わせたものです。

当記事の初掲載:2014年12月6日、更新歴:2015年7月、8月、10月、2016年6月、7月

【roKKi Wi-Fiサービスが始まったニュースとその後の経緯】
以下は当記事の初掲載時に書いたものです(2014年12月)。

機内WiFi サービスを一部の AirAsia (記号AK)便で試験提供したニュースは 『AirAsia の機内 WiFi 導入計画と BIGロイヤルティープログラムと LINE の話題』 をご覧ください。

その後 AirAsia (AK)便だけで機内 WiFiサービスが始まったというニュースが2014年11月初旬にマレーシアマスコミに載りました。次はそのニュース内容です。

【AirAsia は機内 WiFi サービスを正式に開始した、ただしわずか 4機だけで提供】 
AirAsia は機内 WiFi サービスを開始しました。ただし現時点で提供されているのは、同社保有の航空機約160機中の4機(国内線及び国際線)だけです。さらに1機につき利用できるWiFi 受信機器数は90に限られる。 利用できる航空機は機内に印がしてあり、乗務員からアナウンスがある。

Intraasia 注: AirAsia は機内 WiFi サービスを roKKi Wi-Fi Service と固有名詞化して呼んでいる。

現在利用できるサービス: WhatsApp, Line, WeChat,
まだ利用できないサービス:電子メール、Facebook 、ツイッターなど(これらは来年利用できるようになるとのこと)

現在の利用法:先着順方式、 ただし将来は 事前予約制になるでしょうとのこと。
現在の料金: データ量 3Mb で RM 8、 ただしプロモーション期間中は 3Mb で RM 5、 (マレーシアの通貨リンギットマレーシアの記号は RM です)

今後の roKKi Wi-Fi Service 展開の予定:2014年末までに さらに AirAsia 15機でサービス提供できるようになる。2015年にはさらにサービス提供機数を増やしていく。
以上はニュース記事から

【 AirAsia プレス発表ページの記事から抜粋】
AirAsia サイトのプレス発表ページに2014年11月4日付けで載っている、機内 WiFi サービスの公式開始式典を伝える記事から、抜粋翻訳して紹介します。 

AirAsia の機内 WiFi システムは TuneBox が開発したroKKi によって作動しています。roKKi 接続サービスを作動させているのは SwiftBroadband です。これは Inmarsat が提供している Lバンド衛星サービスです。

Inmarsat は国際モバイル衛星コミュニケーションサービスでのトップクラスプロバイダーです。Inmarsat は、地上におけるネットワークが支援することで世界中に広がる路線を一貫して受信可能範囲としています。
以上プレス発表から

【機内 Wi-Fiサービスにツイッターが加わった】 -2015年7月1日付けのマレーシアマスコミ記事から

エアアジア (AirAsia)は、機内での娯楽とネット接続分野における有数のプロバイダーである roKKi と手を組んで、飛行中の機内でツイッターに接続するサービスを開始しました。 このツイッター接続ができるのは 特定の AirAsia フライトです。
AirAsia は既に2014年11月から、利用できるフライトは限られていますが、機内Wi-Fi接続サービスを始めています。

AirAsia グループの最高経営責任者はこのツイッター接続サービス開始に合わせて、 AirAsia 便AK5208 に搭乗して、1万フィートの上空から最初にツイートを行いました。

AirAsia 利用者は”roKKi チャット インスタントメッセージ(略称 IM)”パッケージを購入すると、飛行中にツイッターが使えるようになります。このパッケージでは、WeChat, WhatsApp
”roKKi チャット インスタントメッセージ(略称 IM)”パッケージの価格とデータ消費量:RM 9、 3MBまで。
AirAsia は機内Wi-Fiサービスが利用できる航空便を増やしているところです。現在(2015年6月末)月間フライト数で約4,000フライトで利用できる。
以上

Intraasia のコメント
具体的な路線名は AirAsia サイトで発表されていないのではっきりわかりませんが、依然として機内 Wi-Fiサービスはマレーシア AirAsia (記号AK)フライトに限定されている。
上記でもこのサービスが利用できる月間フライト総数は 4000と書かれているだけであり、どの路線かの言及はありません。
AirAsia X 各社のフライトで Wi-Fi サービスが利用できないことは確かです。

【機内WiFiサービスを提供している機数】-2015年10月記, 2016年6月、7月更新

以下は 機内 WiFiサービスを含めた AirAsia 機内エンターテイメントを製作・運営・提供している会社 Tune Box がそのサイトで公表している数字です。Tune Box は広義の AirAsia グループに属する系列会社です。
・2016年7月時点で機内WiFiサービスが提供されている機数 32機、
・これまでに機内WiFiサービスが提供された通算フライト数 約 52,000便

WiFiサービスが提供されている 航空機の見つけ方 - AirAsia サイトの説明
搭乗ゲートから航空機に乗り込む際、その機の扉に Wi-Fi Available というイラストが描かれている。

また www.rokki.com のページ内で AK便のフライト番号を入力して機内WiFiサービスの有無をチェックすることもできる

Intraasia注:依然として機内 WiFi が備わった AirAsia 機は、マレーシア AirAsia(AK便) のフライトに限定されている。

roKKi Wi-Fi に接続する料金プラン - 2016年6月時点
チャットプラン: データ量 3MB、 価格 RM 9、
コンボプラン: データ量 10MB,  価格 RM 18、

このブログを書く際に参照しているのは、エアアジア (AirAsia)ホームページの基準サイトであるマレーシア英語ページです。日本語ページは一切参照及び関知はしません。他の言語ページはほとんどすべて基準サイトを訳すことで製作されているはずだからです。
そこで当ブログでは単語や表現はイントラアジアが適切だと考える訳語と訳文を使用しています。
当ブログは、東南アジアを基盤とする AirAsia 及び AirAsia X を日本人利用者のために正確で分かりやすく詳細に案内し、解説するための専門ブログです。
そのため、 AirAsia が日本で設立して解消した/する合弁会社エアアジア・ジャパン及びそのフライトに関しては過去と現在と将来に渡って全く扱う対象にしていませんし、関知するところではありません。
当ブログで AirAsia X と書く場合は、特に区別が必要な場合を除いて、 AirAsia Xグループの系列会社であるタイ AirAsia X とインドネシア AirAsia X を含みます。 さらに航空会社としてのさまざまな規定や特徴は AirAsia グループと AirAsia Xグループを通じてほとんど全て同じです。従って例外的な場合のみ注記します。


【 roKKiチャットと名付けられた機内 WiFi に関する説明と問答】 - 2015年10月大幅改定増補版

1. roKKi チャットのことを説明してください。

返答:roKKi チャットとは、 AirAsia 利用者が飛行中に特定のインスタントメッセージアプリを使える機内 WiFi サービスです。

2. roKKi チャットサービスでアクセスできるインスタントメッセージアプリにはどのようなアプリがありますか?

返答:アクセスできるのは WhatsApp, WeChat, LINE, KakaoTalk の4種です。

3. roKKi チャットサービスでは、ソーシャルメディアにもアクセスできますか?

返答:はい、飛行中にツイッターでつぶやくこともできます。ツイッターへのアクセスは、インスタントメッセージパッケージを利用することで限られた時間だけできます。ツイッターにおける外部へのリンクはサポートされておらずアクセスできないことを承知しておいてください。
ツイッターは多量のデータを消費するので、利用者が割り当ての所定データ量 3MBを超えるとその接続スピードに影響を与えるでしょう。

4. フライトに搭乗する前にインスタントメッセージアプリを機器にインストールしておく必要がありますか?

返答:はい、そうです。フライトに搭乗する前に、(上記4種中の)お好みのアプリをご自分のモバイル機器またはタブレットにインストールして登録/使えるようにしておくことが必要です。

5. roKKi サービスに接続したとき、roKKi チャットがサポートするインスタントメッセージアプリを全て同時に稼働させることはできますか?

返答:ええ、できます。roKKi チャットにきちんと接続できれば、インスタントメッセージアプリを全て同時に利用できます。

6. roKKi チャットはどのように機能するのですか?

返答: 航空機には4つの無線アクセスポイントが備わっています。機体の上部に取り付けたアンテナによって、地球を周回する衛星とのコミュニケーションができます。

AirAsia 機中の乗客は、ご自分の WiFi 機能を持った機器を使って 機内 WiFi ネットワークに接続して、インスタントメッセージアプリにアクセスすることができます。アクセスの仕方は地上で普通にWiFiにアクセスするのと同じです。(例えば、空港やカフェや家庭で)

7. このようなサービスを飛行中の機内で使うのは安全ですか、そして認められているのですか?

返答:はい、そうです。このサービスはマレーシア民間航空庁と米国の連邦航空局から全ての航空基準認可を取得しています。さらに、マレーシアの通信に関する規制機関である、マレーシアコミュニケーションとマルチメディア委員会が発行する通信免許も取得しています。

8. roKKiチャットが提供するモバイルインターネットパッケージの内容を説明してください。

返答: roKKiチャットが提供するのは、(所定の)インターネットデータ量 3MBが使えるインスタントメッセージパッケージです、その価格はRM 9。これは roKKi が利用できるフライトの機中でトークンを購入する形式です。
Intraasia注:マレーシアの通貨はリンギットマレーシアであり、その記号は RM です。価格は少し前まで RM 8でした。

9. roKKiサービスを利用するために必要なトークンの購入方法を説明してください。

返答: トークンは、フライトの機中で客室乗務員から現金で購入するかまたはroKKi接続ポルタル上でクレジットカードで購入します。

roKKi接続ポルタルにアクセスするためには、ご自分のモバイル機器をフライトモードにしてから WiFi 接続機能を ON にする。
roKKiネットワークを選び接続する。一度接続すれば、ご自分の機器の画面が自動的にroKKi接続ポルタルに変わる。
もし自動的にその画面に変わらなければ、ブラウザーを開いてアドレス欄に www.rokki.com とタイプして接続しください。

10. クレッジットカードを使って購入する際、トークンは何枚まで買えますか?

返答:クレジットカード利用1回につき購入できるトークンは1枚です。さらにトークンを購入される場合は、もう一度購入手続きを行ってください。クレジットカードを利用して購入されたトークンは、購入の際に使った機器でのみで使えることを承知しておいてください。

Intraasia 注:この部分は要注意です。家族や友人に替わってトークンを買ってあげても、家族や友人がそれぞれ持つ機器ではroKKiサービスは利用できないということです。

11. クレジットカードで支払う際、Visa, MasterCard, Amexが使えますか?

返答:利用できるカードは Visaと MasterCard だけです。Amex は現時点でお使いになれません。

12. 機内で購入するために(支払い手段として)クレジットカードを使うのは安全ですか?

返答:はい、安全です。全てのクレジットカード取引には、その際のデータ送信に強固な暗号化(SSL)を使っています。あらゆるクレジットカードデータは支払いゲートウエー宛に直接かつ安全に送信されます。roKKiシステムは取引に関わるどのようなクレジットカードデータも保存しません。

13.省略

14. 購入したトークンの領収書がもらえますか?

返答:そのフライトが地上に着陸した後に、www.rokki.com/receipt を開いてください。そうすれば、領収書は24時間いつでも得ることができます。その際、購入されたトークンのID とシリアル番号を入力する必要があります。従って購入されたトークンのIDとシリアル番号を必ず記録しておいてください。

15. 領収書は後日でも入手できますか?

返答:はい、できます。領収書は、トークンを有効にされた日から12か月間以内であれば、いつでも入手できます。12か月を過ぎると、領収書はアーカイブ化して保管されるので、弊社のサポートチームに連絡することで領収書が得られます。そのメール宛先はsupport@tunebox.com.my です。

16. トークンを購入したのですが、領収書を得ることができなかった。どのような問題が考えられますか?

返答:利用者はトークンを購入されたけどそれを有効(アクティブ)にしていなかった、可能性があります。トークンを一たび有効にしますと、領収書は入手できるようになる。トークンを有効にするためには、機中で roKKi接続ポルタルにトークンのIDを入力して、roKKiサービスの利用を開始する必要があります。

17. もしトークンのIDとシリアル番号を紛失したらどうなりますか?

返答:その場合でも利用者は領収書を得ることはできますので、support@tunebox.com.myに連絡してください。 その際には、利用者がroKKi接続ポルタルにログインされた時にお使いになった、AirAsia BIG Shot IDまたは Eメールアドレスまたは携帯電話番号をお伝えください。さらに、利用されたフライト番号とその日時、ログイン情報も必要です。
18. このサービスを利用するには何が必要ですか?

返答:このサービスに接続するためには、 WiFi 機能の備わったモバイル機器またはタブレット、及びトークン1枚が必要となる。トークンは、roKKi機能が備わったフライトに搭乗してから、客室乗務員から現金で購入するか、またはroKKi接続ポルタルでクレジットカードを使って購入します。

19.何か特別な機器・装置が必要ですか?

返答:皆さんがお使いのモバイル機器かタブレットを使ってroKKiチャットがサポートするインスタントメッセージアプリにアクセスできます。 WiFi 機能付きのほとんどの機器がこのシステムに接続できます。

次の機器は既にテスト済です。機種の例をあげると:Samsung Galaxy、Sony Xperia、iPhone 3/ 4/ 5, iPad Mini、Samsung Tab 7 Plus、BlackBerry、Lenovo S960、Google Nexus 7 Tablet、HTC One、など数十種類。
Intraasia 注:ただし、例えば Samsung Galaxyや Sony Xperiaでもそのシリーズ全種ということではない。 

roKKiチャットシステムは次に示した OSを搭載した機器をサポートするともいえますが、roKKiがそのサービスが利用できることを保証するものではありませんし、それらの機器が苦情対応や返金請求に関してサポートされるわけではありません:

i. iOS6 and above
ii. Android 4.0 Ice Cream Sandwich and above
iii. Windows Mobile 8 and above

Intraasia注:こういう AirAsia の但し書きを承知しておきましょう。要するに、この3つの OS搭載の機器で例えサービスがちゃんと利用できなくても、 AirAsia は一切取りあわない、返金もしないということですね。

20. ラップトップパソコン(ノートパソコン)でこのサービスをどうして利用できないのですか?

返答:現在のところ、roKKiチ ャットサービスがサポートするのは、モバイル機器で使われている人気アプリである WhatsApp, WeChat, KakaoTalk, LINE, Twitter だけです。弊社はもっと他のアプリをサポートするべく徐々にサービスを広げていきますし、またサポートする機器の種類も増やしていきます。

21. 飛行中に roKKi チャットに接続開始できるのはいつですか?

返答:航空機が最低高度1万フィートに達すると、機内アナウンスで roKKi Wi-Fi についてのお知らせをします。 そうしますと roKKi チャットサービスに接続できます。

22. どのような時に roKKi チャットシステムはオフとなりますか?

返答:roKKiチャットシステムは次の場合に自動的にオフとなります:
・航空機が高度1万フィートより下がった、または
・インド、中国、マカオのそれぞれの領空を飛んでいる時、

23. ある1つのフライトにおいて、roKKiチャット利用者の人数に制限はありますか?

返答:はい、あります。この roKKi チャットサービスが利用できるのは、先着順で90人までです。これは各フライトの機中で各自の機器を使って接続がちゃんとできる人の数です。このことは roKKiチャットシステムが制御します。

24. roKKi チャットの接続速度はどれくらいですか?

返答:集合的に roKKi チャットの接続速度は最高1.33 Mbps の能力がある。しかしながら、利用者側での実際の速度は次に示した状況によって決まる:
a.利用者が使っている機器の仕様(OS, RAM, 接続能力)
b.そのフライトにおいて実際にサービスを利用している人数
c.アクセスしている場所とサーバー

25. 利用者が所定のデータ容量である 3MB に達したら、どうなりますか?

返答:そのインスタントメッセージアプリで引き続きチャットはできます、しかしその速度は 10Kbps に落ちます。このことでインスタントメッセージの使用に影響は出ないでしょう。ただし、速度が遅いことから画像と動画のアップロードとダウンロードは影響を受けます。

26. 同じトークンを別のフライトで使用できますか?

返答:いや、それはできません。使用は1回限りです。そのトークンが有効なのは、roKKi サービスを提供している航空機で単区間(片道行程)を飛行する間だけです。

27. 購入したトークンをもし使わなかったら、次に乗るフライトでそれを使うことができますか?

返答:はい、できます。現金で購入したトークンは、有効化を行っていない限り、roKKi サービスを提供している別のフライトで使えます。
しかしながら、クレジットカートを使って購入したトークンは、他のフライトでは使えません。なぜなら、クレジットカード決済が成功裏に行われると、その購入したトークンは自動的に有効化が行われて利用者のモバイル機器に送信されるからです。

28. もしも、トークンを購入したけどroKKi チャットに接続することができないという場合は、どうなりますか?

返答:ご自分の機器を再起動してください。そしてフライトモードに設定する。roKKi チャットにアクセスするための、接続手順説明書きに書かれた手順に従ってください。
システムのトラブルから roKKi チャットに接続できない、且つデータ使用量が 0.05 MB を超えていない、そういう場合は返金の請求をすることができます。

29. 購入したトークンの返金の請求方法を説明してください。

返答:利用者は、返金の対象となる場合、roKKi接続ポルタルの‘Help’ページに載っている support ticket に書き込んで返金請求を送ってください。または別の方法として、support@tunebox.com.my 宛てに電子メールを送ってください。
その際には次の情報を必ず記入してください:
氏名、電子メールのアドレス、(利用した)フライトの情報、トークンのIDとシリアル番号、面している問題の内容、

Intraasia注:roKKi接続ポルタルは地上ではアクセスできないようなので、Help’ページを実際に見てみることができません。

弊社は次に掲げることに対する返金はいたしません:
・トークンを購入すると言いながらそれを翻した場合
・有効期限の切れたトークン
・データ使用量が0.05MBを超えたトークン(注:使用済トークンと見なされるということです)
・トークンのIDを間違えて入力した場合

30. 返金はどのようにして受け取ることになりますか?

返答:( AirAsia 会員のアカウントである)AirAsia BIG Shotアカウントに (その項目の1つである)Credit Accountを通して、返金分が振り込まれる(このことを creditされると言う)。このクレジット分は”その利用者の My BIG Shot アカウントのメニュー項目で反映される

Intraasia 注:この種の表現は AirAsia サイトでの表現つまり英語用語法に慣れていない人にはたいへんわかりにくいでしょうが、仕方ありません。

AirAsia BIG Shotアカウントのメニューに、新しく設けられた "My refund status(私の払い戻し状況)"という項目があるので、それをクリックすることになる。
Credit Account もAirAsia BIG Shotアカウントのメニュー項目なので、それをクリックして確認できる。アカウントとは口座の意味だが、ここでは銀行口座とは関係ない。
いずれも 『AirAsia 会員アカウント(兼AirAsia BIG会員アカウント)ページを解説します -2016年改訂新版』 をご覧下さい。

31. AirAsia BIG Shotアカウントを持っていない人は、どのようにすれば返金を受け取れるのですか?

返答: AirAsia サイトを開き、新しく AirAsia 会員になる手順に従って AirAsia BIG Shotアカウント(つまり AirAsia 会員口座)を設けてください。

32.マレーシアにおける物品とサービス税(GST)のこと

物品とサービス税(GST)は、日本で消費税と呼ばれる税と相似している。マレーシアでは2015年4月1日から施行されている。GST の税率は 6%です。

33. roKKiチャットを使うと 物品とサービス税(GST)が掛かりますか?

返答:はい、かかります。ただし飛行先がマレーシア国内の場合だけです。roKKiチャット用のトークンを購入した際に 物品とサービス税(GST)が掛かるのは、出発地と到着地の両方がマレーシア国内であるフライトにおいてだけです。従って出発地または到着地がマレーシア国外の場合は、物品とサービス税(GST)はかかりません。

Intraasia 注: 依然として AirAsia X グループ各社の航空機では WiFi サービス自体を提供していないので、物品とサービス税(GST)のことは関係ない。

34. roKKiチャット用トークンの価格には物品とサービス税(GST)が含まれていますか?

返答:はい、そうです。roKKiチャット用トークンの販売価格は全て、物品とサービス税(GST)が内税となって含まれている。

35.と 36. は一般利用者にはほとんど関係ないので省略します。

37. 機内WiFi サービスである roKKiチャットに関する問い合わせや意見の送付先

メールの宛先: support@tunebox.com.my

【Intraasia のコメント】- 2014年11月記

インターネットデータ量 3MBで RM 8という価格は高いのか適当なのか、比較材料を持たないので判断のしようがありません。イントラアジアは他の航空会社の機内 WiFi の料金を知りません。なお 2015年9月時点で RM 9になった。

現在世界中に広がる、スマートフォンとタブレット利用者の多さとその使用への熱中度を考えると、飛んでいる飛行機の中でも WiFi を通して様々なアプリを使いたい人はかなり多そうです。

上記で言及されているインスタントメッセージアプリの通常のデータ消費量はどれくらいなんでしょうか? イントラアジアは使ったことがないのでわかりません。
例えば Eメールだけ送受信する場合でも、一般的なメールプログラムを立ち上げれば、それに付随した広告などでデータ量は消費される。こうしたことを考えれば、3MB はたちまち消費されそうですね。

AirAsia Xでの機内 WiFi がいつ開始されるか、他の AirAsia 各社(FD便, QZ便など)での機内 WiFi はいつ? といった予定を AirAsia は現時点(2014年11月下旬)ではまだ表明していません。発表された時点でこの場に追記します。

追記: 2016年6月時点でも AirAsia (AK便)に限定された機内 WiFi サービスです。  AirAsia X のフライトで利用できるようになるまでにはまだ年月がかかりそうです。




AirAsia X を除く AirAsia 各社のフライトに関しては 『エアアジア(AK便, FD便, QZ便) で課される航空運賃以外の費用・料金 -最新版-』 をクリックして開き、費用と料金面をよく知っておきましょう。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 飛行機/フライト/機内食
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

airasia

Author:airasia
マレーシア情報を1996年以来発信し続けている Intraasia のエアアジア専門ブログへようこそ! (2010年10月ブログ開始)
AirAsia が初飛行を開始した2002年以来、Intraasia はAirAsiaを観察し利用しています。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
最新コメント
QRコード
QR
最新トラックバック