予約購入したフライトをキャンセル、乗らない、空港税の払い戻し請求、に関するさらなる説明

当サイトではこれまでいろんな記事の中で、 AirAsia グループのフライトは取り消しできない、つまり購入したフライトに利用者が乗らなくても一向に構わないが、払った料金は返金されない、ということを強調してきました。独立した記事としても書きました: 『エアアジアの航空券はキャンセルして払い戻しは受けられない』 をクリックしてください。
これは AirAsia 全てのフライトに共通する大原則の1つです。

また利用者がセルフチェックインした後、空港へ行かない、そのフライトに乗らなくても構わない。空港の書類確認・チェック(DOCUMENT CHECK)カウンターまたはウエブチェックイン者用の Baggage drop カウンターで、実際に乗る乗客数を確認するからです。 Baggage drop とは要するに荷物を預けるという意味です。

Intraasia注:書類確認 (DOCUMENT CHECK) カウンターが独立して設置されている空港は多くない。例えば、日本の空港はウエブチェックイン者用カウンターがそれを兼ねている。

なお空港のカウンターでチェックインして荷物を預けた後に勝手にそのフライトに乗らない行為は、他の乗客の迷惑になることはいうまでもありません。航空機に積み込んだ手荷物を係りが探して降ろすからです。

そこで利用者の自己都合によってキャンセルする、搭乗しない場合に関して、 AirAsia サイトの AskAirAsia に載っている問答をここで紹介しておきます。

このブログを書く際に参照しているのは、エアアジア (AirAsia)ホームページの基準サイトであるマレーシア英語ページです。日本語ページは一切参照及び関知はしません。他の言語ページはほとんどすべて基準サイトを訳すことで製作されているはずだからです。
そこで当ブログでは単語や表現はイントラアジアが適切だと考える訳語と訳文を使用しています。
当ブログは、東南アジアを基盤とする AirAsia 及び AirAsia X を日本人利用者のために正確で分かりやすく詳細に案内し、解説するための専門ブログです。
そのため、 AirAsia が日本で設立して解消した/する合弁会社エアアジア・ジャパン及びそのフライトに関しては過去と現在と将来に渡って全く扱う対象にしていませんし、関知するところではありません。
当ブログで AirAsia X と書く場合は、特に区別が必要な場合を除いて、 AirAsia Xグループの系列会社であるタイ AirAsia X とインドネシア AirAsia X を含みます。 さらに航空会社としてのさまざまな規定や特徴は AirAsia グループと AirAsia Xグループを通じてほとんど全て同じです。従って例外的な場合のみ注記します。


【予約購入したフライトに乗らなくても返金はされない】

質問:フライトを予約購入した後そのフライトに乗りたくなくなった、またはそのフライトに乗るべく空港へ行くことができなかった、そういう場合、払い戻しをしてもらえますか?

返答:一度フライトの予約が確定すると(つまり代金を支払うと)、取り消すことはできません、そしてお支払いになった代金は返金いたしません。
しかしながら、 AirAsia 利用者は空港税の返金だけは得られます。

Intraasia注:マレーシアの空港は空港税だけが課される。タイの空港は空港税、国内線はさらに付加価値税も支払う。この例に当てはまらない国は少なくないようだ。例えば日本では空港税に加えて空港利用料 (Airport Fee)1,500円も支払う。そこでこの空港利用料や付加価値税が返金されるのかどうかは、はっきりしない。なぜなら AirAsia は明言しておらず、単に "airport taxes" と複数形で記しているだけだからです。
推測すれば、付加価値税は返金されるかもしれないが、空港利用料は当局ではなく AirAsia が課しているので、返金対象にならないでしょう。

空港税が返金されるのは、そのフライトの出発日が過ぎてからです。 
空港税の返金を請求される方は、AirAsiaサイトの e-Form リンクをクリックしてください。開いた e-Form に必要事項を記入して送信してください。

次の点をよく留意してください。: 空港税の返金請求手続きは最長で30労働日かかります。そして購入者がフライトを予約購入された時の支払い手段によって返金される。
(同一予約購入番号において)空港税の返金を請求される方が2人以上になる場合は、返金は購入された方にします。 第3者宛には返金しません。

Intraasia注:この内容をよく理解しておきましょう。支払った手段以外で、また代理の誰か宛に返金は行われないということです。

AirAsia 利用者は(空港税の)全額返金を請求する権利があります。ただし、その払い戻し手続きを行うための料金がかかります。この料金は AirAsiaサイトの Fees and charges(料金と費用)ページに全て載っています。

Intraasia注: "Travel Information" にカーソルを合わせると表示されるメニュー内にこの項目がある。

Intraasia注:当サイトではもちろん、該当ページでこの空港税の払い戻し料を載せている。下記の数値は2014年11月時点のものであり、将来変更されるだろうことは言うまでもない。2016年6月時点に更新。
日本とクアラルンプール間の AirAsia X 便
払い戻し料  乗客1人且つ1区間につき 800円, クアラルンプール発の場合は同様に RM 15、
日本とバンコク間のAirAsia X 便
払い戻し料  乗客1人且つ1区間につき 800円、バンコク発の場合は同様に THB 160、

エアアジア(AK便) マレーシア国内便とアセアン(ASEAN)便、
払い戻し料 : 乗客1人且つ1区間につき  RM 15、
なお FD 便, QZ 便、Z2 便はそれぞれの該当ページを参照のこと。

空港税の返金において空港税額と払い戻し料は、出発空港によって異なることをご承知ください。
そのフライトと共に購入された他のサービスは返金されないことに留意してください。

Intraasia 注:他のサービスつまり付随サービス(add-on)の代金は返金されない。従って手荷物預け料、 座席の指定料、機内食代金、AirAsia 旅行保険料などは一切返金されないということです。 AirAsia 利用者になる、なりたい方は、こういう面をちゃんと知っておきましょう。

【空港税の返金請求に必要な情報】

(空港税の)払い戻し手続きを円滑に進めるために、次の情報を弊社に提供してください。

A. 予約購入の支払いにクレジットカードを使った場合:
1. 予約購入番号(PNR)

Intraasia 注: PNR とは Passenger Name Record の省略形であり、 AirAsia が予約購入番号の意味で使用している。予約購入番号はアルファベットと数字を組み合わせた形式になっており、利用者が AirAsia のフライト予約をひとたび確定すると(つまり支払が終わると)、この PNR が発行される。

B. 予約購入の支払いに口座から直接引き落とした、または現金で払った、または旅行代理店を利用した場合:
1. 予約購入番号(PNR)
2. 銀行の口座番号
3. 銀行名
4. 口座保有者名

そのフライトと共に購入された他のサービスは返金されないことに留意してください。

今回の話題に非常に関係するのは 『AirAsia 利用者が求める払い戻しに関する新しい規定 -2013年8月から実施』
『空港税の払い戻しについて、請求して入金するまでを実例に基づいて説明する』 
この2つの記事です。必ず目を通しておきましょう。


【 AirAsia サイトの Refund(払い戻し)ページの説明図について】

AirAsia サイトの Refund(払い戻し) という案内ページ内には次のよう部分がある

A. 医療上の/病気の場合
・航空機に乗ることに適していない,乗れる健康状態ではないという証明を提出することで AirAsia 利用者に払い戻しが行われる。
その場合は医師の発行する診断書、証明書が必要です。

Intraasia注:この場合は取り消し手数料がかかるし、現金の形で戻るわけではなく、クレジットシェルの形態で返金される。この件に関しての詳しい説明は、以前に載せた 『エアアジアの航空券はキャンセルして払い戻しは受けられない』 記事をクリックしてご覧ください。

B. 二重予約した、二重に課金された、という場合
・必要な書類として、支払いに使用したクレジットカード類のまたは銀行の取引明細書(二重課金)、二重予約の日時など。

こういった場合に要する時間を説明するために、このRefund(払い戻し)ページには次のような内容の図が載っている。

・ AirAsia 社内で要する日数:6労働日から8労働日
・銀行で手続きに要する日数:7労働日から14労働日
加えて、クレジットカードで支払った場合は
・購入者が返金を受け取るまでの日数:45労働日から3か月後
(この図の注意書きとして)この部分の日数に関しては AirAsia が管理するわけではなく、銀行次第です。

返金状況や二重予約に関しては 『AirAsia 会員アカウント(My BIG Shot アカウント)ページを解説します』 記事をしっかり読んで知識をつけておきましょう。

【実際に空港税払い戻しの請求をした】
『空港税の払い戻しについて、請求して入金するまでを実例に基づいて説明する』 をクリックしてご覧ください。




蛇足:Intraasia の場合
イントラアジアはこの10数年間で、予約購入した AirAsia フライトに乗らなかったことが数十回あります。その大多数は、超格安運賃で購入した AirAsia 便、ほとんどが全て込みRM 50以下のフライトです。2000年代前半から後半にかけて、運賃はめちゃ安、燃料サーチャージは安かったまたはなかった時期もあったので、回数多く購入した内で都合がつかなく捨てたフライトも少なくなかった。
もちろん今年(2014年)を含めて近年でも、毎年購入したフライトに乗らないことが複数回ある、つまり捨てている。
放棄したアセアン(ASEAN)便も数は多くはないが、あります。そういう場合は換算して全て込みRM 100以下のフライトです。

空港税払い戻し料は、マレーシア国内、アセアン(ASEAN)便共に RM 15
空港税は国内便が RM 6、アセアン(ASEAN)便が RM 32(ずっと以前はこの額より多少安かった)
よって国内便は手続き自体が不可能であり、アセアン(ASEAN)便でも空港税の払い戻しをしてもらうメリットはほとんどないことがおわかりでしょう。
なお AirAsia X 便は捨てたことはなく、変更手数料を払って出発日を変更してきました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

airasia

Author:airasia
マレーシア情報を1996年以来発信し続けている Intraasia のエアアジア専門ブログへようこそ! (2010年10月ブログ開始)
AirAsia が初飛行を開始した2002年以来、Intraasia はAirAsiaを観察し利用しています。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
最新コメント
QRコード
QR
最新トラックバック