AirAsia サイトで大きな更新が行われたことで、 AirAsia 会員になると自動的にBIGロイヤルティープログラムの会員になる

AirAsia サイトでは、ある重要な規則/ 条件/ 用語/ 料金/ 内容/ 手順に関して突然大きな変更をします。しかもその変更点に関して何ら説明がないか、またはごく簡単で不十分な説明しかない場合が大変多い。

このブログを書く際に参照しているのは、エアアジア (AirAsia)ホームページの基準サイトであるマレーシア英語ページです。日本語ページは一切参照及び関知はしません。他の言語ページはほとんどすべて基準サイトを訳すことで製作されているはずだからです。
そこで当ブログでは単語や表現はイントラアジアが適切だと考える訳語と訳文を使用しています。
当ブログは、東南アジアを基盤とする AirAsia 及び AirAsia X を日本人利用者のために正確で分かりやすく詳細に案内し、解説するための専門ブログです。
そのため、 AirAsia が日本で設立して解消した/する合弁会社エアアジア・ジャパン及びそのフライトに関しては過去と現在と将来に渡って全く扱う対象にしていませんし、関知するところではありません。
当ブログで AirAsia X と書く場合は、特に区別が必要な場合を除いて、 AirAsia Xグループの系列会社であるタイ AirAsia X とインドネシア AirAsia X を含みます。 さらに航空会社としてのさまざまな規定や特徴は AirAsia グループと AirAsia Xグループを通じてほとんど全て同じです。従って例外的な場合のみ注記します。


今回もその例に漏れず、2014年9月3日から突然、 AirAsia 会員に入会すると自動的に AirAsia BIG ロイヤリティープログラムの会員になることになりました。
AirAsia 会員なるための登録ページを開くと次のように書いてある:

AirAsia 会員になるための登録

AirAsia 会員になるということは、あなたはご自分の個人情報を 1回登録するだけでいいのです、そうしますと次回から AirAsia.comサイトまたは AirAsia モバイルアプリ上で AirAsia フライトの予約購入の際その情報を読み出すことができます。

重要なこと:あなたが AirAsia 会員に一度登録されますと、自動的に “BIG Shot” に参加となります、即ちAirAsia BIG ロイヤルティープログラムの会員になるということです。なおこのロイヤルティープログラムは、弊社の系列会社である Think BIG Digital Sdn Bhd (“Think BIG”) が運営しています。
以上 

【 Intraasia の説明と批判とコメント】

いろんな会員プログラムと同様に、 AirAsia 会員になると AirAsia の会員規約と条件を受け入れるということはおわかりですよね。さらに AirAsia BIG Loyalty Programme の会員規約と条件も自動的に受け入れるということになります。この点は、 AirAsia 会員登録ページの最下段に細かな文字で契約書式的表現で記述されている。

AirAsia サイトの巻頭ページにおいて、会員がログインする場所の名称が "AirAsia member" から "Big Shot login My account(私の会員口座)" に変更されてしまった。
本来は AirAsia member ログイン且つ AirAsia member account であるべきなのに、あえて "Big Shot" ログイン且つ "My BIG Shot account" という名称にしている。この表現は従来からの AirAsia 会員を惑わせる表現です。

さらに AirAsia サイトでは従来の "BIG Loyalty programme" という名称の項目がそのまま残っている一方、"AirAsia BIG Loyalty Programme”という新名称が使われている。キーになる単語の名称が異なるというのは紛らわしいことです。

AirAsia はこういう重要表現の変更を説明する責任を負うはずですが、それをしていない。

これまで AirAsia 会員であるが BIG Loyalty Programmeの会員ではない人の場合はどうなるかの説明が、2014年9月4日時点で AirAsia サイトには書かれていない。おそらく、会員規約のどこかにそういう文言が含まれていることでしょうが、このような大きな変更の際には、 AirAsia サイトでわかりやすく説明すべきです。

今回(2014年9月3日)の AirAsia サイトの大きな更新から、 AirAsia は利用者が Bigポイントを稼ぐようにこれまで以上に仕向けていることがわかります。
Bigポイントを稼ぐとは要するに、 AirAsia が提供するいろんな付随サービス(add on)を買うことで稼げるわけです。

AirAsia は利用者がフライト運賃の他にいろんな付随サービス(add on) を購入することを非常に奨励している、そうして付随サービスからの収入を高めることを公言している。要するに今回のこの大きな変更は、 AirAsia 流のビジネス戦略の1つと言えます。

この後は次の記事にぜひ目を通しておきましょう、『全面刷新された AirAsia BIG ロイヤルティープログラムサイトの特徴』 をクリックしてください。




日本とマレーシア間を運行する AirAsia X 便に関しては 『エアアジア X で課される航空運賃以外の費用・料金 -最新版-』
日本とタイ間を運行するタイエアアジア X に関しては 『タイエアアジア X の日本路線で課される航空運賃以外の費用・料金 -2014年更新版-』
マレーシア、タイなどの国内線及び東南アジア線に関しては 『エアアジア(AK便, FD便, QZ便、PQ便) で課される航空運賃以外の費用・料金 -最新版-』
をそれぞれクリックしてご覧ください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 航空会社
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

airasia

Author:airasia
マレーシア情報を1996年以来発信し続けている Intraasia のエアアジア専門ブログへようこそ! (2010年10月ブログ開始)
AirAsia が初飛行を開始した2002年以来、Intraasia はAirAsiaを観察し利用しています。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
最新コメント
QRコード
QR
最新トラックバック