AirAsia の機内 WiFi 導入計画と BIGロイヤルティープログラムと LINE の話題

AirAsia は機内でのWiFi サービスを2014年末に開始する予定です。 これに先だって、同航空は機内 WiFi の試行を始めたとの声明を2014年8月13日に発表しました。
そこで、 AirAsia サイトで発表された文面に Intraasia の「新聞の記事から」 に載せた内容を加味して、ここに載せておきます。

【AirAsia の乗客は機内WiFi サービスが近い将来利用できる】

機内WiFi サービスでは、インスタントメッセージ、電子メール、ストリーミング動画といった種々のコンテンツが順次機内で使えるようになります。利用できるフライトは マレーシアAirAsia (航空会社記号 AK) の全てのフライトです。 その後、 AirAsia グループの各社フライトでも機内WiFi サービスが提供される。

機内WiFi サービスの最初の試行として、8月13日に120人のボランティアが試験機に搭乗して受診具合のテストを行いました。3種のインスタントメッセージ(LINE, WhatsApp、 WeChat) をテストとした結果は、悪くはありませんでした。さらに機内で AirAsia 公式ツイッターと Instagram の即アップデートも試しました。

AirAsia グループの最高経営責任者は語る:「ずっと以前に一時期だけ導入した 機内WiFi は高額すぎた(だから中止した)。そこで我々で開発しようということになった。その結果5年を要した。」 「適度な価格体系に設定された機内WiFi サービスを提供するのは AirAsia が世界初となります。」 「ついに多くの乗客が機内WiFi サービスを 低コスト価格で楽しめるようになる 。」 

「 AirAsia は利用者が (あるフライトで運賃以外に)費やす付随サービスから得る収入を RM 60/人 に増やしていく取り組みの中で、機内WiFi サービスはその1つです。」

AirAsia は9月と10月の2か月間、機内WiFi の試行サービスに参加できる機会を1つのAKフライトで60人の乗客に無料提供すると、明らかにしました。詳細は今後 AirAsia サイトなどに掲載されることになる。

Intraasia のコメント
当ブログにたどり着く際に、”WiFi” を含めた検索ことばを入力する人が少なからずいることに,ブログ主宰者として以前から気がついていました。 AirAsia は近年 機内WiFi サービスを提供していると一度も公式に発表したことはないのに、奇妙なことだなあと思っていました。

利用客が低コスト航空にも通常航空会社並みのサービスをますます求めている昨今、遅かれ早かれ機内 WiFiも始まるだろうと思っていました。その機内WiFi が、テストの結果次第ですが、恐らく今年末には開始されるようです、もちろん有料ですが。
これは AirAsia の利用者と利用希望者には、良いニュースと言えるでしょう。

ところで、 AirAsia が発足した初期である 2000年代前半に比べると、現在の AirAsia は現実としてかなり変貌してしまい、真の低コスト航空のあり方と格安さだけを重視する、イントラアジアはいささか残念に感じています。しかしながら、これも快適さ、便利さを価格よりも大事にする乗客の増加かという時代の要求と趨勢でしょうから、仕方ありませんね。

ということで、機内WiFi サービスは AirAsia が非常に力を入れている付随サービスの収入増加に貢献することはかなり期待できそうです。 

追記:2014年8月末にマレーシアマスコミに載った記事から

AirAsia は機内 WiFi の試行サービスを始めました。
試行サービスが提供されるのは10月までの特定のフライトだけです。1フライトに付き60人までが無料利用できる。

試行サービスが利用できるフライトではその旨の機内アナウンスがある。そして早い者勝ち方式で利用者になれます。
この無料サービスの利用には、接続用ポルタルにコードを入力することで接続開始となる。このコードは機器1個だけに有効です。
データ利用容量は 1MBまで。LINE, WhatsApp、 WeChatを使ってチャットができる。

Intraasia 注:データ容量が1MB ですから、とても動画などは閲覧できない。なおこの試行サービスが提供されるのは AK便だけのはずです。 AirAsia X でWiFi が利用できるまでにはまだしばらく月日がかかりそうです。


【AirAsia が LINE につながりました】- AirAsiaサイトの2014年8月12日付けお知らせ

LINE利用者は次の3か国で既に、 AirAsia のLINE 公式アカウントを付け加えられます: Malaysia (LINE ID: AirAsia), Singapore (LINE ID: AirAsiaSingapore), Thailand (LINE ID: AirAsiaThailand)

LINEのアプリは iPhone, Android phones, Windows platform, Nokia Asha, Blackberryの各プラットフォームでダウンロードできます。
LINEでの AirAsia 公式アカウントでは、ニュース、プロモーション、コンテストなどが共有できます。
以上

具体的な AirAsia 機内WiFi サービスの状況は、この画面の右側にあるカテゴリー欄の エアアジアの乗務員と機内食と WiFi 及び航空機  をクリックしてご覧ください。


2014年7月下旬にマレーシアマスコミに載った記事 「AirAsia BIGはマーケッティング面で新しい局面に進んでいく」から抜粋して、以下に載せておきます。
【AirAsia BIG に関する最近のニュース】 

グローバルなAirAsia BIGロイヤルティープログラムは、 AirAsia グループ創業者のビジネスである AirAsia, Tune Hotels, Tune Talk, Tune Moneyを一つにつなげていく狙いで誕生しました。

BIGロイヤルティープログラムは2011年に始まり、現在ではタイ、インドネシア、シンガポールにも広がっています。
現在、東南アジアでの会員数は1千万人です、その内350万人がマレーシアの会員です。この2,3年内に会員数を倍増化させることを目指しているとの、報道がありました。

AirAsia BIGを運営する会社 Think BIG Digital Sdn Bhdの最高経営責任者は語る、「弊社の目標は、 AirAsia フライトを利用する人たちの中で20%-30%の人が会員であるようにすることです。現在 AirAsia グループは年間5千万人位を運んでいるので、大体この数字に近くなる。」

「AirAsia BIGのパートナー社数は、東南アジアで約150社になる、その内約 20%がマレーシアのそれです。」 「弊社は年々ビジネスを倍に拡大しています。リデンプション(償還)は引き続き1,2年で倍になると期待しています。」
「マレーシアにおいては、(石油会社の)Petronas Mesraカード保有者は Tune Moneyプリペードカードを使用することでBIGポイントを稼げます、同時にMesraポイントも稼げます。」(Intraasia 注:これをAirAsia BIGは‘double dip’と呼んでいる)

銀行が発行するクレジットカードにおいて AirAsia BIGは、マレーシアでは、RHB, Citibank, Standard Chartered、Aliance Bankと提携しています。そのことで、クレジットカードのポイントをBIG ポイントに転換することもできます。 

AirAsia BIGが観察するところでは、一般的に会員はBIGポイントを飛行するフライトに使います。

Think BIG Digital Sdn Bhd は2014年初めに、ロイヤルティープログラム運営の世界的なトップ企業であるAimia Inc とパートナー契約を結びました。 このことによって、Aimia Inc社は AirAsia BIGの総発行株の10%を超える株式を取得しました。
「Aimiaはロイヤルティープログラムのブランド化において豊富な技術的ノウハウを持っており、10年以上の経験がある。」とThink BIG Digital Sdn Bhdの最高経営責任者は語る。

Intraasiaのコメント
BIGロイヤルティープログラムのマーケティングの主たる市場は依然として東南アジアであることは推測がつきます。
AirAsia BIG会員の多くが、 AirAsia フライト購入時にその溜めたポイントを転換してより安く購入するために使っている、という発言部分には納得がいきますね。AirAsia BIGに加入する日本人は、恐らくこの目的がより高いのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 航空会社
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

airasia

Author:airasia
マレーシア情報を1996年以来発信し続けている Intraasia のエアアジア専門ブログへようこそ! (2010年10月ブログ開始)
AirAsia が初飛行を開始した2002年以来、Intraasia はAirAsiaを観察し利用しています。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
最新コメント
QRコード
QR
最新トラックバック