BIGロイヤルティープログラムの説明 その4 - BIGポイントの付き方とその条件

当ブログではこれまでにも BIG と BIG Shot に関していくつかの記事を掲載してきました。画面右側にあるカテゴリー欄の『BIG プログラムとエアアジア旅行保険 Tune Insure 』をクリックして、あらかじめ記事に目を通されるようにお勧めします。

今回は、BIGカードに関する基本的知識の内でこれまでに説明していない数点を問答の形で載せます。次いでBIG ポイントの付き方とその条件を説明します。 2014年10月増補、2015年11月更新、2016年10月更新

このブログを書く際に参照しているのは、エアアジア (AirAsia)ホームページの基準サイトであるマレーシア英語ページです。日本語ページは一切参照及び関知はしません。他の言語ページはほとんどすべて基準サイトを訳すことで製作されているはずだからです。そこで当ブログでは単語や表現はイントラアジアが適切だと考える訳語と訳文を使用しています。
当ブログは、東南アジアを基盤とする AirAsia 及び AirAsia X を日本人利用者のために正確で分かりやすく詳細に案内し、解説するための専門ブログです。
そのため、AirAsia が日本で設立して解消した/する合弁会社エアアジア・ジャパン及びそのフライトに関しては過去と現在と将来に渡って全く扱う対象にしていませんし、関知するところではありません。
当ブログで AirAsia X と書く場合は、特に区別が必要な場合を除いて、 AirAsia Xグループの系列会社であるタイ AirAsia X とインドネシア AirAsia X を含みます。 さらに航空会社としてのさまざまな規定や特徴は AirAsia グループと AirAsia Xグループを通じてほとんど全て同じです。従って例外的な場合のみ注記します。


【BIG に加入するとはどういうことか】

BIGロイヤルティープログラムを運営しているのは Think Big Digital Sdn Bhd です。 "Sdn Bhd" とは、マレーシアの株式・有限会社のこと。
ですから、読者の皆さんがBIGに加入するということは、Think Big Digital Sdn Bhdと加入者間の契約ということになる。

さらにBIGロイヤルティープログラムは AirAsia と Tune Money Sdn Bhdと Think Big Digital Sdn Bhd の共同制作である、と契約事項に書かれている。

これらに関して詳しくは Tune Money Sdn Bhd 公式サイトの BIG ロイヤリティー会員へ加入申し込みページに載っている(契約文書特有の冗長な英文です)。

そしてどの会員にも1つの BIG Shot IDが発行されます。
2014年10月追記: 『AirAsia サイトで大きな更新が行われたことで、 AirAsia 会員になると自動的にBIGロイヤルティープログラムの会員になる』 記事をお読みください。2014年9月から AirAsia 会員になると自動的にBIGロイヤルティープログラムに入会する仕組みに変わった。それ以前に AirAsia 会員になった人だけは個別にBIG加入する必要がある。

余談ながらTune Money Sdn Bhd は、 AirAsia 創業者兼最高経営者の2人が直接的及び間接的に支配する会社です。広義の意味で AirAsia 系列企業と言える。

通貨について:マレーシアの通貨は Ringgit Malaysia です、その記号 RM は紙幣はもちろん、至る所で使われている。当ブログは全てRM で統一しています。マレーシアリンギットという呼称は英語表現です。


【BIG ポイントの付き方とその条件の説明】

AirAsia サイトのBIG 案内ページに従いますと、BIG ポイントの付き方を次の5項目に大きく分類してある:A からEまで。
そこでその詳細を訳しながら説明しましょう。

A. AirAsia 便を購入(以下全て AirAsia X 便を含む)
フライトだけの場合、基本運賃に対して(燃料サーチャージは含まれない):RM 4毎に1BIG ポイント

フライトに加えて付随サービスを最低1つ購入する場合:RM 2毎に1BIG ポイント
付随サービスの種類
・事前に予約払いする機内食、機内預け荷物、スポーツ用器具、機内快適キット
・ AirAsia 旅行保険、
・事前に予約払いする座席選び(座席指定)、

Intraasia注:付随サービスは AirAsia にとって割が良いので、利用者が購入することを大いに奨励している。そこで付随サービスを購入すればBIG ポイントの付き方が良くなるということです。なお事前に予約払いしない限りポイントは付かない。

注記:
1.利用客が獲得するBIG ポイントは、フライト運賃と付随サービスに対して実際に払った金額を基にする。
2.料金と税金はBIG ポイントの計算から除かれる。例えば、空港利用料や政府の課す空港税。
3.BIG ポイントが付加されるのは出発日に基づく:チェックインして飛行、チェックインだけ、空港に現れない(ノーショー)。

Intraasia注: AirAsia は利用者がフライトを予約購入した後、そのフライトに乗らなくても全く関知しませんから、ノーショーでもポイントは付くということです。
イントラアジアは ごく安価に買っておいたAirAsia 便を都合がつかずしばしば放棄しますが、その際でもわずかのBIG ポイントが加算されている。

2014年10月追記:  AirAsia は2014年7月に運賃タイプ・座席の名称を大きく変更をした。そこで BIG ポンイントの獲得面では次のように増えた。上記の低運賃(Low fare) よりずっとポイントがつくということですね。もちろんこれは AirAsia のビジネス戦術として利用者に対する高いクラス・タイプへの誘導策です。
・ビジネスクラス(Business Class): RM 1毎に1BIG ポイント
・プレミアムフレックス(Premium Flex): RM 1毎に1BIG ポイント

2016年10月の追記:この項目 A に関してです。
ポイントの付き方がその後また変更されましたので、新たに書いた記事である 『BIG ポイントの付き方とその説明 - 2016年最新版』 をクリックしてご覧ください。

B.ショッピング
・ AirAsia Megastore の商品を購入すると、RM 2毎に1BIG ポイントが付く。
・免税品に対してはBIG ポイントは付きません。さらに送料にも付きません。
・BIG ポイントが獲得できるのはその商品を購入した人です。
・商品が確実に配達されてからBIG ポイントが付与される。

C.娯楽
・AirAsia RedTix の品目に支払った金額 RM 2毎に1BIG ポイントが付く。
・BIG ポイントが獲得できるのはその品目に支払った人です。
・支払が確実になされてからBIG ポイントが付与される。

D.便利なサービス -ホテル、ツアーなど
・AirAsia GO の品目に支払った金額 RM 2毎に1BIG ポイントが付く。
   その品目とは、フライト+ホテル、ホテルのみ、種々の活動、を言う。
・フライトを予約購入する場合、BIG ポイントは乗客に付与される。
・フライトを予約購入しない場合、BIG ポイントは主たる旅行者(予約を行った人)に付与される。
・出発/チェックインした後で BIG ポイントが付与される。

E.クーリエの利用
・ AirAsia Courier の品目に支払った金額 RM 2毎に1BIG ポイントが付く。
・BIG ポイントは次のような料金と税金には付きません:
関税と物品税、 通関用の取扱い手数料、政府の税金、保険料、箱代、集荷サービス料、
・BIG ポイントが獲得できるのはその品目に支払った人です。
・暦の1か月間に獲得したBIG ポイントを溜めておき、翌月の15日にBIG Shot口座に入れます。

この後は次の記事にぜひ目を通しておきましょう、『全面刷新された AirAsia BIG ロイヤルティープログラムサイトの特徴』 をクリックしてください。

【BIG ロイヤルティープログラムと BIGカードに関する問答の紹介】 2015年11月の追記

AirAsia BIG ロイヤルティープログラムは2015年に全面刷新されたことで、BIG Shot 会員向けのカードの発行についても大きく変わった。従ってこれまで説明していた ”BIG Prepaid Visa Card” のことは日本人利用者にはもう関係なくなりました。過去の記録として下段に残してある、打消し線を加えた部分は全て飛ばして読んでください。 

AirAsia BIG ロイヤルティープログラム及びBIGカードに関する詳しい問答を新たな記事にして 2015年11月末に掲載しました。
『AirAsia BIG ロイヤルティープログラムの基本知識と問答 - 全面改訂新版』 を読んで具体的なことを知っておきましょう。

プリペードカードのこと - 2015年下半期時点

AirAsia.com では、価格表示されている全ての通貨で支払えるとして、3種のプリペードカード名が掲載されている。しかしいずれも日本人利用者にはまず縁がありません。

・ BIG Prepaid MasterCard: 加入要件は ”Malaysian citizens and Malaysia permanent residents ”です。
・BIG Prepaid Visa: AirAsia 利用者が以前加入できたプリペードカードです。新規募集はもうしていない。
・ AirAsia ezpay: 加入要件は "Malaysian citizens and Malaysia permanent residents" 。


以下の問答は、Tune Money Sdn Bhdの公式サイトにある、AskBIGページの中から抜粋したものです。
クレジットカードやデビットカードを使って AirAsia 便(以下全て AirAsia X 便を含む)を購入すると、 AirAsia 側が便宜サービス料を課します。つまりカードの使用に対する手数料という意味合いです。

質問:(AirAsia のフライトを購入する際 )VISA カードを使って支払う場合、 便宜手数料がかからないようにするにはどのようにすればいいのでしょうか?

返答:2012年2月時点で、BIGカードを使って AirAsia 便を購入すると、片道路線毎にかかる便宜サービス料は免除されます。下記の追記を必ずご覧ください。
AirAsia サイトにおいて、ご自分が利用するフライトに付随する全ての項目を決めた後、支払い画面では"Card Type"の中から"BIG Visa Card"を選択します。この場合にもし"Visa"を選択すると、片道路線毎に便宜サービス料が掛かります。

注記:1clicks とモバイルアプリを利用して支払う場合は、この片道毎に掛かる便宜サービス料は免除されません。その理由は、モバイルアプリでは”BIG Prepaid Visa Card”を選択できるようになっていないからです。

Intraasia注:「2012年2月時点で」という言葉があえて書かれていることに注目してください。将来は変更される可能性を含んでいるかのように思える。なお2013年においても、Intraasia がBIGカードを使用した際は、便宜サービス料は免除されていた。

Intraasia 2014年11月1日の追記:BIGロイヤルティープログラムを運営している Tune Money からお知らせが届いた: "BIG Visa Card"利用時の便宜サービス料免除は、2014年11月16日をもって取止めます。 つまりそれ以後は便宜サービス料が掛るということであり、この場でイントラアジアが予測した通りですね。

Intraasia 2014年11月13日の追記: Tune Money からお知らせが11月12日に再度届いた。BIG Visa Card"利用時の便宜サービス料免除の廃止をしばらく保留する、という内容です。つまり追って通知するまで、引き続き便宜サービス料を免除する。 廃止通知に対して恐らく利用者から失望が起きていたことでしょう。BIG カード利用者として同感です。

ところで少し紛らわしい説明ことばが使われている。BIG VISA Card は即プリペード式である”BIG Prepaid Visa Card”なのです。次の問答をご覧ください。

質問:BIG はクレジットカードですか?

返答:BIGカードはクレジットカードではありません。プリペード式 VISAカードです。だから利用者はカードに収めた金額までしか使うことができません。
このBIGカードはVISAの看板がある所ならどこでも受け入れてもらえます。さらにBIGカードを使うと、ロイヤルティーポイントである”BIGポイント”を稼ぐことができる。
以上





AirAsia に関するいろんな疑問を問答の形式にして説明しています。それぞれクリックすると別ページで開くのでお読みください。
『AirAsia に関する日本人利用者のよくある質問、疑問に答える』
『AirAsia に関する日本人利用者のよくある質問、疑問に答える -その2』

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 航空会社
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

airasia

Author:airasia
マレーシア情報を1996年以来発信し続けている Intraasia のエアアジア専門ブログへようこそ! (2010年10月ブログ開始)
AirAsia が初飛行を開始した2002年以来、Intraasia はAirAsiaを観察し利用しています。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
最新コメント
QRコード
QR
最新トラックバック