エアアジアを利用する際に遭うかもしれないトラブルやよくある質問に関する、エアアジア側の説明を知っておこう -その1

物事と人間関係には頻度の多寡はあっても問題がついて回りますよね。これは古今東西を通じた世の中の公理と言えます。 旅行に関する分野では、対象が海外も含むということと、変動する情勢と天気、宿泊施設と交通機関の利用、介在する業者と人の多さなどが要因となって、問題が発生するまたは問題に見舞われる率が、比較的高いといっても間違いではないでしょう。

そこで AirAsia X を含む格安航空エアアジア (AirAsia)を利用する際にも、あなた自身がいつかある種の問題に見舞われることがありえると、思っておかれた方がいいでしょう。誰でも大小にかかわらず問題などに巻き込まれたくないと思っている、ということはもちろん承知していますが、自由旅行する人、したい人であればなおさらなんらかの問題がついて回ることを予期しておかれる方がいいのではないでしょうか。

という前置きを書いてから、今回はエアアジア (AirAsia)サイトに載っている ”お答えします(よくある質問とその回答)”ページを参照しながら綴っていきます。

このブログを書く際に参照しているのは、エアアジア (AirAsia)ホームページの基準サイトであるマレーシア英語ページです。日本語ページは一切参照及び関知はしません。他の言語ページはほとんどすべて基準サイトを訳すことで製作されているはずだからです。
そこで当ブログでは単語や表現はイントラアジアが適切だと考える訳語と訳文を使用しています。
当ブログは、東南アジアを基盤とする AirAsia 及び AirAsia X を日本人利用者のために正確で分かりやすく詳細に案内し、解説するための専門ブログです。
そのため、 AirAsia が日本で設立した/する合弁会社エアアジア・ジャパン及びそのフライトに関しては過去と現在と将来に渡って全く扱う対象にしていませんし、関知するところではありません。
当ブログで AirAsia X と書く場合は、特に区別が必要な場合を除いて、 AirAsia Xグループの系列会社であるタイ AirAsia X とインドネシア AirAsia X を含みます。 そして航空会社としてのさまざまな規定や特徴は AirAsia グループと AirAsia Xグループを通じてほとんど全て同じです。従って例外的な場合のみ注記します。


質問:エアアジア便が遅れたために(次に乗るはずのエアアジア)乗り継ぎ便に乗れなくなったら、無料席を提供してもらえますか、または払い戻しを受けられますか?

答え
:利用客が時間通りにチェックインしないとき、または搭乗時間までに航空機に搭乗していないときは、利用客がお支払いになった航空料金の払い戻しはいたしません。次に利用できるフライトの航空券を新たにお買い求めください。

では補足しておきましょう。
低コスト航空会社であるエアアジア (AirAsia)は航空機の配機を非常に効率化しているため、ハブ空港から飛来したエアアジア機は到着空港で一晩駐機することはしません。ほぼ全ての便が短時間で折り返し出発するフライトスケジュールが組まれています。このためなんらかの理由でひとたび遅延が発生すると、玉突き的に発着の遅延が起こりやすいという特徴があります。

例えば、ジャカルタ発便でクアラルンプールに着き、小1時間の乗り継ぎ時間でハノイ便に乗るというような計画でエアアジア航空券を買うとします(あくまでも仮定のスケジュール)。この乗り継ぎ時間ではいささか短すぎると感じますね。一般的に乗り継ぎの待ち時間は1時間が境目になっていますが、安全をみてもう少し乗り継ぎ時間を長くする計画にした方がいいと思います。とりわけ、あまり余裕のある予算を立てていない自由旅行者にとっては、遅れたときの余分な費用の支出が負担となりかねないからです。もちろん、小1時間でもいい、多少のリスクは覚悟だという選択も理解できます、イントラアジア自身そういう選択をしたこともありますよ。

この問答は簡単に言えば、ジャカルタ発便が遅れて到着したため乗り継ぎ便であるハノイ便に乗れなくなってしまったからといっても料金払い戻しは受けられない、ということです。 


質問:ネット予約した機内食の種類を変更したいのですが、どうすればいいのですか?

答え:サイトにある”自分の予約を管理”ページにログインしてください、またはコールセンターに電話してください。

コールセンターは一般につながりにくいですし、マレーシアをはじめとして各国のコールセンターに日本語サービスはありません。さらに唯一日本語サービスのある日本のコールセンターの運営時間は平日の日中のみに限られていますから、変更希望の利用者の大多数は”自分の予約を管理”ページで変更することになるでしょう。なおイントラアジア (Intraasia)はこの種の変更をしたことはまだありません。


”お答えします(よくある質問とその回答)”ページの問答の1つで、credit shellクレジットシェルという見慣れない単語が使われています。各国の利用者からこの単語についてたくさんの問い合わせがあったとのことから、エアアジアは公式ブログの中でこの単語を詳しく説明しているぐらいです。そこでイントラアジアも公式ブログの説明を参照していきます。

クレジットシェルとは何ですか?

公式ブログでの説明:クレジットシェルとはエアアジアの利用客に与えられる別口座のことであり、利用者のクレジットカード(口座)への直接払い戻し金ではありません。

クレジットシェル口座番号は利用客に割り当てられた予約番号と同じです。クレジットシェルは、予約に対して支払われることになるお金を入れておく1つのクレジット口座なのです。
クレジットシェル口座の有効期限は3ヶ月です。この口座では、たとえ3ヶ月の間に残高を使い切らなくて金額が残った場合でも、その残金は没収されてしまいます。

2013年1月の追記
AskAirAsia のクレジットシェル説明から次の記述が消えていることに気が付きました:
利用客はこのクレジットシェルを事前購買の品または予約サービスに使うことができます。しかしながらクレジットシェル口座は、インターネットで航空券予約購買、超過手荷物の支払い、空港で提供されるサービス(車椅子代とかスポーツ用器具代など)に対する支払いには使うことができません。
ということで、クレジットシェルは AirAsia の一般的支払いに使えるようになったということだと理解されます。


以上の公式ブログでの説明を踏まえて ”お答えします(よくある質問とその回答)”ページに戻ります。

質問:クレジットシェルの有効期限はどれくらいですか?

答え:利用客には電子メールでクレジットシェルの有効期限を通知いたします。通常クレジットシェルの有効期限は3ヶ月であり、その3ヶ月間中に金額を使いきらずに残高があったとしても、その残金は(エアアジアに)没収されます。


質問:フライトの遅れ、フライトの時間変更、フライトの変更を知るにはどうすればいいのですか?

答え:フライトに遅れや時間変更、さらにフライト自体に変更がある場合は、電子メールかSMSで事前に利用客にそのことをお知らせいたします。ですから、利用客が連絡先を正確に記入しておくことが大事です、そうすることで弊社から利用客に連絡ができるわけです。
利用客にはサイトにある”自分の予約を管理”ページを開いて、ご自分の旅程が更新されていないかどうかを事前にチェックされることもお勧めいたします。


補足しておきましょう。
日本では一般に携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)はほとんど使われていないようなので、電話番号宛に直接文字を送信する SMSにはなじみが薄いかもしれません。東南アジアでは携帯電話での文字通信の圧倒的主流はSMSです。ですからエアアジアのサービスにこのSMSを使った変更通知が含まれているわけです。

エアアジアの航空券をネット上で購入する際には、まず会員登録しますから、その会員ページにある該当項目を埋めておきます。日本の利用者はパソコンの電子メールアドレスか携帯のメールアドレスをエアアジア会員ページに記入しておけば、エアアジアから通知を受けられるということになりますね。

この話題は次回に続きます。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 航空会社
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

airasia

Author:airasia
マレーシア情報を1996年以来発信し続けている Intraasia のエアアジア専門ブログへようこそ! (2010年10月ブログ開始)
AirAsia が初飛行を開始した2002年以来、Intraasia はAirAsiaを観察し利用しています。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
最新コメント
QRコード
QR
最新トラックバック