AirAsia に関する日本人利用者のよくある質問、疑問に答える

当ブログは AirAsiaとAirAsia X に関して、カテゴリー別に分けて詳細且つ正確に利用案内と解説を掲載してきました。今後も基本的にこのあり方を続けます。

さて訪問者や常連読者の間には AirAsiaとAirAsia X に関する質問や疑問がたくさんあることは、ブログ主催者として承知しています。そこで今回は質問・疑問としてよくある事象を、具体的に取り上げました。 その後随時更新しています。

このブログを書く際に参照しているのは、エアアジア (AirAsia)ホームページの基準サイトであるマレーシア英語ページです。日本語ページは一切参照及び関知はしません。他の言語ページはほとんどすべて基準サイトを訳すことで製作されているはずだからです。そこで当ブログでは単語や表現はイントラアジアが適切だと考える訳語と訳文を使用しています。
当ブログは、東南アジアを基盤とする AirAsia 及び AirAsia X を日本人利用者のために正確で分かりやすく詳細に案内し、解説するための専門ブログです。
そのため、 AirAsia が日本で設立して解消した/する合弁会社エアアジア・ジャパン及びそのフライトに関しては過去と現在と将来に渡って全く扱う対象にしていませんし、関知するところではありません。
当ブログで AirAsia X と書く場合は、特に区別が必要な場合を除いて、 AirAsia Xグループの系列会社であるタイ AirAsia X とインドネシア AirAsia X を含みます。 そして航空会社としてのさまざまな規定や特徴は AirAsia グループと AirAsia Xグループを通じてほとんど全て同じです。従って例外的な場合のみ注記します。


質問:予約購入の際、氏名の記載を間違えてしまったことに後で気がついた。どうしたらいいでしょうか?

返答:搭乗券の基になる会員登録/ 予約購入時に記入した氏名がパスポートの記載と1字でも異なれば、それが即旅行の障害になります。異なってしまった理由が何であれ、搭乗券を印刷してからでは遅すぎますから、気づいた時点で早急に行動を取る必要があります。

こういう場合のことに関して AskAirAsia には次のように書かれている。

B. 乗客を別の人に変更するのではなく、その乗客の氏名部分だけを訂正したい場合:

(予約購入時に記入した氏名が)うっかりミス、綴り字間違い、氏名の順序違い、パスポート記載の氏名と異なる名前になっているときは、ご自分の予約購入番号と正確な氏名が記載されたパスポートのコピーを手元に用意して、次のことを行ってください:

1. AirAsia サイトのオンライン問い合わせ書式に記入する
2. ライブチャットで弊社の係りとチャットする
3. ツイッターで弊社宛にツイートする

Intraasia注
原文は1,2,3と併記してあるが、このうちどれか1つだけ行えば良い、つまり問い合わせ書式に書き込んで送信すれば、チャットはしなくてよい。ツイッターは公開されてしまうので、ツイートする方は内容に気を付けましょう。

パスポート記載の氏名と異なる理由に”姓変更”とは書かれていませんが、日本人の場合これは訂正理由の1つになりますね。日本国外で”姓変更”という概念は理解されにくいので、国外へ出かける前に日本で早急にパスポート記載氏名に合わせておきましょう。

AirAsia サイトに氏名を登録または記入する場合、必ず Given name(つまりFirst name) , Family name/Surname、という区分名が表示されるので、それに従がって記入すればいいのです。

AskAirAsiaの続きです。
一方、 AirAsia の会員情報とBIGの会員情報における氏名がパスポートのそれと同じであることを確認してください。 AirAsia サイトの”自分の予約を管理する”メニューの中で、氏名を訂正することができます。

Intraasia注:
AirAsia サイトでの会員登録に限らず、BIGカードの会員登録でも同じように、氏名入力時に ”as per passport (パスポート記載のように)” という言葉が現れます。姓と名は必ず、パスポートの記載に合わせておきます。
なお2014年9月から新規に AirAsia 会員になると必然的に BIGカードの会員になる仕組みになった。
登録した会員情報の氏名や生年月日がパスポートの記載と異なるとやっかいなことになるので、必ず再確認しておきなさいということです。間違いを見つけたら早急に訂正すべきです。

2014年追記
この件について直接関係する内容を載せているので、『AirAsia 会員アカウント(My BIG Shot アカウント)ページを解説します』 記事をクリックして必ずご覧ください。

ところで、AirAsia を"Air Asia" とスペースを入れて(離して)書いたり、"airasia" と全て小文字で書く日本人が実に多いが、固有名詞としてこの2つは AirAsia ではなく全く別のものになる。固有名詞に関するこういった不注意な行為は結果として、会員情報での記入ミスなどにつながることになる。パスポート記載が絶対的な基準になる海外では、英文字の1字違いでも重大な問題を引き起こします。
当ブログをご覧になる読者の方は、書式類にスペリング・字を記載する場合は慎重に正確に、をいつも心がけましょう。


質問:(グループ予約購入をした場合)その内の1人だけのフライト予約を変更するにはどのようにすればいいのですか?

その後新たに掲載した記事 『幼児を追加する場合及びグループ予約を分割する場合の新しい規定 -  増補』 をクリックしてご覧ください。

AskAirAsia の返答:グループ内の1人だけのフライトの日時を変更することはできます、そのためにはお近くのAirAsia 営業所または AirAsia 航空券販売所(空港の販売カウンター)を訪れて、弊社スタッフによるお手伝いを受けてください。または AirAsia サイトにあるオンライン問い合わせ書式に書き込んで送付してください。

この理由は、まず弊社によるグループ予約購入の分割が必要だからです。グループ予約購入から分割が終わると、その利用者の方は”自分の予約を管理する”メニューを通してお望みのフライト日時変更ができるようになります。


質問:エアアジアの運賃はいつ、どのように変動するのだろうか?

返答:変動時期を正確に予測することは無理です。ただ経験上、中にはプロモーションキャンペーンが行われる時期を幾分かは予測することができる場合もある、とも言える。

AirAsia 購入経験が少ない人はサイトのある時点だけを見て早合点しがちですが、何事にも観測を続け、経験を重ねるための時間はかかります。

AirAsiaグループの運賃は全て変動することは読者の皆さんも既にお気づきでしょう。それは購入時期、飛行時期、発着時間、座席の売れ行き、によって大きく変動します。
AirAsia の複数社の便が運航されている同一路線においては、AK便またはFD便またはQZ便だからという航空会社を要因として運賃が変動するわけではありません。例えば、クアラルンプール-バリ路線ではAK便とQZ便が飛んでいる。

1日のフライトがたくさんある路線では発着時間が早朝及び深夜近い時間帯のフライトはそれ以外の時間帯のフライトより売れ行きが鈍くなる。従って最初はその日のどのフライトも同じ運賃だったが、日中フライトの安値は先に売り切れる。そこである月日を検索すると、早朝フライトと深夜近いフライトだけが他の時間帯フライトより安い、表示が現れることがよくある。

なおこの際、発着時間が早朝及び深夜近い時間帯のフライトとそれ以外の時間帯のフライトの間に、プロモーション運賃で提供する数に違いが設定してあるかどうかということは、調べようがないのでわかりません。

飛行時期がクリスマス時期や年末年始のような旅行ピークシーズンであれば、ローシーズンに比べてどのフライトの運賃も高くなることは、皆さんもおわかりですね。さらにピークシーズンは恐らく安値設定運賃の座席数が普段より少なめに提供されていることでしょう。

AirAsia の本拠地であるマレーシアでいえば、学校休暇時期及び大きな祝祭時期は旅行ピークシーズンの1つです。とりわけマレーシア国内路線と近隣国へのフライトに関してです。そこで各フライトにおいて安値に設定された運賃は早く売り切れる。恐らく安値設定運賃の座席数を普段より少なめに提供しているだろうと、推測される(しかしそれを検証するのは不可能です)。

参考:イントラアジアのホームページでは、マレーシアの祝祭時期と学校休暇時期を毎年更新して載せている。

通常は、(このマレーシアの)学校休暇時期前と大きな祝祭時期前にプロモーションキャンペーンが行われます。しかし正確なキャンペーン開始期日の予測までは無理です。それがわかったら、多くの人はその日まで買い控えることになりますね。
さらにキャンペーンが始まっても、ある人の購入対象日のフライトが必ずしも安値で得られるまたは残っているかどうかは、もちろん保証されない。どんな期日でもかまわないから最安値でフライトするという利用客は別にして、大多数はフライト期日を選べる範囲がかなり限定されている、従って安全策として早めに買うことになる。

タイでいえば、ソーンクラーン祝祭時期にはタイ人の国内移動が盛んになる、よって旅行ピークシーズンの1つです。こういう時期の飛行フライトは当然売れ行きが早い、つまり安値運賃はたちまちなくなる。

また逆に旅行ローシーズンを対象にしてプロモーションキャンペーンが行われることもよくある。例えばマレーシアではイスラム教の断食月は旅行ローシーズンです(断食月が終わる直前は反対に旅行ピークシーズンになる)。こういう時期は特にキャンペーン期間でなくても、比較的安い運賃が残っている場合も出てくるでしょう(常に残っているということではない)。安値設定の運賃の数を普段より大目に提供しているかもしれないとの推測もできる。

質問:AirAsia 航空運賃キャンペーン時期を正確に予測できますか?

返答:座席の売れ行き具合や経営戦略を運賃設定の因子にして、 複数の方面または複数路線を対象に AirAsia は1年365日プロモーションキャンペーンを行っている。キャンペーン内容はその時々によって違うので、ある人には興味を抱かせるが、ある人はキャンペーン自体に気が付かないということになる。
当然ながら、 これはAirAsia 内部のごく限られた人たちだけが決めることでしょうから、利用者に対象路線とキャンペーン開始時期が事前に正確にわかるはずはありません(多少の推測はできても)。

参照記事:『エアアジアのセールスプロモーションについて例を上げて説明します』 をご覧ください。

キャンペーン開始時期を読めなかった Intraasia の例をあげておきましょう。
Intraasia は2013年7月初めに、ペナン-クアラルンプール路線の2013年9月YY日のフライトを、その時点で最安値であるRM 49で予約購入しました。ところが AirAsia はサイトで7月中旬になって、マレーシア国内の多くの路線且つ2013年7月15日から10月31日までの飛行期間対象に、プロモーションキャンペーンを数日間行いました。

そこで既に購入した2013年9月YY日の同日同時刻発のフライトを調べたら、最安値であるRM 29 になっていた。RM 29 はいわゆる運賃無料、燃油サーチャージと空港税だけという最安価格です。燃油サーチャージが課される現在、この価格を下回る航空券はない( AirAsia 初期には空港税だけを払う航空券という時もあった)。

エアアジアが飛行開始した2002年以来 AirAsia を観察し利用し続け、3桁回数に渡ってAirAsia グループの航空券を購入してきたイントラアジアですが、こういうことも時々起きるという例です。


質問:最安値運賃で AirAsia 航空券を買うと何らかのリスクは考えられますか?


返答:人によって異なるが、都合などがつかなくて乗れないリスクはあるでしょう。
かなり早期に、例えば飛行時期の7,8か月以上先の日程で、 AirAsia 航空券を予約購入すれば、多くの場合は最安値またはそれに近い価格で得られる確率が高い。もちろんこれは飛行対象日程がピークシーズンの場合は除きます。

なお上記で説明したように、最安値は売れ行き次第で、時期に関係なくプロモーション実施で現れることがある。 AirAsia は最安値またはそれに近い運賃の座席の提供数を時期によって、売れ行き具合によって、コントロールしているだろうと推測される(しかしその都度提供される数を検証するのは不可能です)。

そこでとにかく最安値を求めてかなり早期に買えば、その航空券の飛行日程に都合を合わせられなくなることも当然起きてくる。そこで変更料を払って飛行日時を変更するか、航空券自体を捨てるかの2つに1つなる。

AirAsia のフライトはキャンセルして返金は受けられませんし、フライトの行き先つまり区間変更は一切できません。加えて搭乗者を別の人に変更することも認められません(条件付きで氏名の訂正はできる)。
これは AirAsia の基本中の基本です。このことが承知できない方は、 そもそも AirAsia の利用者になるべきではありません。

イントラアジアはかなり早期に買う場合が多いので、これまでに数十フライトを放棄つまり航空券を捨てました。その多くは航空券価格がRM 50以下であり、一部はいくら高くてもRM 100を超えたことはありません。


質問:もし私の予約状況が”保留中(Pending)”になった場合はどうすればいいのですか? - 2015年追記

返答:少し時間をおいてから再度(自分の予約を管理するメニューで)予約状況を確認してください。 同時にご自分のメールボックスに AirAsia から確認メールが届くかどうかを見守っていてください。

Intraasia注:”保留中(Pending)”と表示されるのは、 AirAsia サイトで取りあえずフライト予約をした後、ATMなどでお金を振り込むことで予約が確認されるまでのごく短時間の場合がほとんどではないだろうか? 他にも AirAsia 側の都合で一時的にそういう表示がなされることもありえるでしょう。


質問: AirAsia のフライトを既に予約購入しました。しかし当日空港へ行かないので乗らないことになる。何かすることはありますか? またセルフチェックインを済ませたのですが、何か問題ありますか? - 2015年追記

返答:繰り返し強調しているように、 AirAsia はそのフライトに対して払い戻しは一切しません。ただし利用者は空港税の払い戻しだけは請求できる。従って利用者が実際にフライトに乗らなくても一向に構わないのです。
セルフチェックインを済ませてからであっても、何ら問題は起きません。なぜなら AirAsia は搭乗ゲートで実際に乗る人をチェックしているからです。
1つだけ絶対にしてはいけないのは、チェックインカウンターで荷物を預けたのに、そのフライトに乗らない行為です。係りが荷物を探して降ろす手間や、そのことで出発が遅れる迷惑行為になる。

なお日本の空港は AirAsia のセルフチェックイン方式を認めていないので、空港のカウンターで所定の搭乗券を発行する。従って空港へ行かなければ実際のチェックインにならない。 AirAsia が飛行している国々の中には、セルフチェックイン方式に関して日本と同じような国もあるようです。





当ブログに慣れていらっしゃらない方は、ブログのページ右側にあるカテゴリーから、各カテゴリー毎に閲覧されることをお勧めします。

AirAsia フライトを予約購入する前に 『新編 エアアジアホームページで予約購入する際の説明と注意点-最新版』 を開いて必ず知っておくべき知識をつけてださい。

クアラルンプールに着いてから、訪問地のペナン、マラッカなどへの交通手段と情報、及びマレー鉄道に関しては、イントラアジアのホームページにある 『旅行者・在住者のためになるページ』 で詳細に案内しています。クリックしますと別ページで開きますので、該当の目次から選んでご覧ください。
スポンサーサイト

テーマ : 航空会社
ジャンル : 旅行

プロフィール

airasia

Author:airasia
マレーシア情報を1996年以来発信し続けている Intraasia のエアアジア専門ブログへようこそ! (2010年10月ブログ開始)
AirAsia が初飛行を開始した2002年以来、Intraasia はAirAsiaを観察し利用しています。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
最新コメント
QRコード
QR
最新トラックバック