エアアジア (AirAsia)は2012年10月1日からドンムアン空港で発着する

当ブログでも既に2012年6月28日付け記事 【AirAsia は2012年10月1日からその運行をドンムアン空港に移します】でお知らせしましたように、エアアジア (AirAsia)はタイすなわちバンコクでの拠点空港を10月初めからドンムアン空港に移転させます。なお2012年9月30日まではスワンナプーム空港を使う。

そこでこの拠点空港移転に関して、エアアジア (AirAsia)が掲載しているお知らせを抜粋してここに載せます。

このブログを書く際に参照しているのは、エアアジア (AirAsia)ホームページの基準サイトであるマレーシア英語ページです(日本語ページは一切参照及び関知はしません)。他の言語ページはほとんどすべて基準サイトを訳すことで製作されているはずだからです。
そこで当ブログでは単語や表現はイントラアジアが適切だと考える訳語と訳文を使用しています。
当ブログは、東南アジアを基盤とする AirAsia 及び AirAsia X を日本人利用者のために正確で分かりやすく詳細に案内し、解説するための専門ブログです。
そのため、成田空港をハブにして2012年8月に国内路線の運航を開始したという、合弁会社エアアジア・ジャパンは全く対象にしていません。


【 AirAsiaは2012年10月1日を期してドンムアン空港で発着】

なぜですか?
1. 事業拡大
弊社は伸び続けています。ドンムアン空港には、弊社(タイAirAsia) の保有する Airbus A320を48機に増やすという拡大計画に十分すぎるほどの余地があります。

2. 航空交通
ドンムアン空港は(スワンナプーム空港より)航空交通が少ないことから、離着陸が楽になります

3. 快適さ
ドンムアン空港は世界的水準の施設を持ち、タイ航空界の主要なハブ空港の1つです。

4. 便利さ
預け手荷物の受取りと出入国審査において、掛かる時間が短くなります。

空港の場所はどこですか?
バンコクの北端にあります。
モーチットから14km、 シーロム通りから26km、フアランポーン(タイ国鉄駅)から25kmほど離れている。

ドンムアン空港とスワンナプーム空港間の距離は 47km
タクシー: 料金350バーツ、乗り合いバス: 554番 & 555番、23バーツ

ドンムアン空港ビル内
・1階が到着階です
・3階にチェックインカウンターがあり、出発階となる

【Intraasia のひとこと】
ドンムアン空港はつい数年ほど前まではバンコクの唯一の国際空港でしたから、それ以前にタイを訪れたことのある多くの旅行者には馴染みある空港のはずです。
1980年代半ばからタイを訪れ続けてきたイントラアジアには、ドンムアン空港はKLIAに次いで最も馴染みある空港と言えます。

スワンナプーム空港ではAirAsiaのような低コスト航空は出発ターミナルの一番端にある、かなり歩いて到達する搭乗ゲートで且つ構内バスに乗るという形式でした。混雑度がぐっと落ちるであろうドンムアン空港では搭乗と降機の時間はぐっと減ると推測されます。
ドンムアン空港の正面道路を挟んだ斜め対面にはタイ国鉄のドンムアン駅がありますから、タイ国鉄利用者には便利です。




【当ブログを初めてご覧になられた方々へ】

日本にお住まいのエアアジアを初めて利用する/利用するつもりの方、エアアジアをまだ利用したことがないが興味あるという方は、まず当ブログの 2012年1月2日付け記事 『日本人利用者/利用希望者が誤解している、知らない、気づかないエアアジア(AirAsia)のほんと』 をご覧ください。
スポンサーサイト

テーマ : 航空会社
ジャンル : 旅行

プロフィール

airasia

Author:airasia
マレーシア情報を1996年以来発信し続けている Intraasia のエアアジア専門ブログへようこそ! (2010年10月ブログ開始)
AirAsia が初飛行を開始した2002年以来、Intraasia はAirAsiaを観察し利用しています。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
最新コメント
QRコード
QR
最新トラックバック