エアアアジアを利用する際に遭うかもしれないトラブルやよくある質問に関する、エアアジア側の説明 -その4

今回もエアアジアサイトに載っている”エアアジア(AirAsia) にお尋ねください”メニューの”よくある質問とその答え”ページを基にします。  AirAsia の変更に合わせて、その後時々追記しています。
”よくある質問とその答え”形式は、利用者にとって手っ取り早く知ることができるし、わかりやすいと言えますね。

当記事は2011年の初掲載以後、 AirAsia サイトの変化に合わせてほぼ毎年一部を更新しています。

このブログを書く際に参照しているのは、エアアジア (AirAsia)ホームページの基準サイトであるマレーシア英語ページです。日本語ページは一切参照及び関知はしません。他の言語ページはほとんどすべて基準サイトを訳すことで製作されているはずだからです。
そこで当ブログでは単語や表現はイントラアジアが適切だと考える訳語と訳文を使用しています。
当ブログは、東南アジアを基盤とする AirAsia 及び AirAsia X を日本人利用者のために正確で分かりやすく詳細に案内し、解説するための専門ブログです。
そのため、 AirAsia が日本で設立して解消した/する合弁会社エアアジア・ジャパン及びそのフライトに関しては過去と現在と将来に渡って全く扱う対象にしていませんし、関知するところではありません。
当ブログで AirAsia X と書く場合は、特に区別が必要な場合を除いて、 AirAsia Xグループの系列会社であるタイ AirAsia X とインドネシア AirAsia X を含みます。 そして航空会社としてのさまざまな規定や特徴は AirAsia グループと AirAsia Xグループを通じてほとんど全て同じです。従って例外的な場合のみ注記します。


質問:プロモーション運賃で切符を買うことができません、どうしてですか?

答え:弊社のプロモーション運賃は限られた数のフライトだけに提供しており、プロモーション運賃が発表されると、たちまちその運賃での座席が売り切れてしまいます。しかしながら、他の日時にいろいろと変えてみることで、幸運にもそのプロモーション運賃座席が得られるかもしれません。

Intraasia注:そうです、超格安なプロモーション運賃で買うのは、なかなかたいへんです。できるだけ早めに予約、好機を逃さず、日程を柔軟に、という3条件が必要ですね。
『エアアジアのセールスプロモーションについて例を上げて説明します』 記事をご覧ください。

質問:機内で食事や飲み物や品物を購入できますか?

答え:はい、エアアジアグループのどのフライトの機内でもこれらを買うことができます。なお食事と飲み物はフライトによって違いがあることをご承知おきください。エアアジアカフェメニューは、サイトの機内サービスページ内の該当項目をクリックしてご覧ください。
機内で飲食物を購入される際は客室乗務員の手間を省くためにも、お釣りが要らないようにしてください。メニューの外貨建ての価格と釣銭には為替レートを適用します。

Intraasia 注:日本円や米ドルでも支払えるが、お釣りは全てリンギットマレーシアです。硬貨は一切扱わない、紙幣のみ。

質問:私があらかじめ注文しておいた機内食が供されなかったらどうなりますか?

答え:弊社側の手落ちから、乗客があらかじめ注文された機内食を出すことができなかった場合は、お支払いになった料金をその乗客にお返しいたします。しかしながら乗客側の手落ちから起こったのであれば、返金はいたしません。

搭乗券には乗客があらかじめ注文されました機内食名が印刷されています。乗客は客室乗務員から搭乗券の提示を求められましたら、その搭乗券を示してください、そうしますとご注文の機内食をお出しします。


質問:エアアジアはどうして無料の機内快適セットを提供しないのですか?

答え:エアアジアは余分なサービスを省いた格安航空です、そのため機内快適セットのような余分なサービスを減らすことで、乗客の皆さんにとって節約になることを広げようと努力に励んでいます。このサービスをお望みであれば、機内快適セットを機内で購入されるまたはあらかじめネット上で注文しておくこともできます。

Intraasia 注:機内快適セット(Comfort Kit) の写真はメニューブックに載っている: 毛布と膨らませて使う携帯枕とアイマスクの 3点から成る。いずれもAirAsia のロゴ入りです。
機内快適セット(Comfort Kit)は利用料を払うのではなく、購入するのです。AirAsia X 各社の機内快適セットは 首枕と毛布とアイマスク、及びそれらを入れるバッグのセットからなり、価格は2015年中頃時点で RM 37 、ただし事前の予約購入だとRM 29.

2013年6月追記:日本-クアラルンプール路線において、予約購入での快適セットの値段は1,000円となっている

2014年11月追記: AirAsia は種々の品とサービスをよく値上げするので、現時点において快適セットは1090円です。
機内誌だけに載せている Rental-a-blanket がある。つまりAirAsia X 各社における貸出し用毛布で、その利用料はRM 10、タイバーツでは THB 100です。  ただし数に限りありとなっている。2015年中頃でも変わらずこの価格。

追記:毛布替わりとして使えるであろう、羽毛カバー(Duvet)の機内販売料金は2015年中頃時点で RM 79 、予約購入の場合はRM 60。

ここで紹介した快適セットや毛布の写真と料金はメニューブックに載っているので、『続・エアアジアの機内飲食サービスに関する説明 - 最新版』 をクリックして開き使い方を知ってから、 AirAsia サイトでメニューブックをご覧ください。  2016年ごろからメニューブックにはもう載っていない。

質問:機内ではなんらかの無料娯楽が得られますか?

答え:いいえ。機内娯楽が提供されるのはエアアジア X 便だけであり、それには料金がかかります。機内娯楽を楽しんでいただくために、詳しくはAirAsia X の機内娯楽ページをご覧ください。

Intraasia注:機内娯楽とは、つまりレンタル料を払って借りたタッチパッド型のスクリーンで映画や音楽を楽しむということです。
機内で快適に過ごす(Inflight Comforts)目次の中に”娯楽(entertainment)” という項目があります。それをクリックすると AirAsia X In-flight entertainment (AirAsia X 機内娯楽)という 1ページの案内が現れる。利用機器は最新の Samsung Galaxyタブレットになった。なおヘッドイヤフォンが付属している。画面サイズは10インチ。

この案内ページの説明文中にクリックする所があるので、クリックするとフラッシュプレーヤーが立ち上がり、その時点で提供されているプログラム内容がわかる、つまり映画、音楽などのリストが載っています。プログラム内容は基本的に英語のものが主体です。

2013年4月と2014年11月追記:機内娯楽である Samsung Galaxyタブレットのレンタル料は、事前予約払いがRM 49、機内で支払うとRM 60 です。いずれもヘッドセットが付いてくる。
2017年2月の追記: タブレットに関しては 『エアアジア X の機内娯楽用レンタルタブレットのモデルが新しくなった』 をクリックしてご覧ください。

2014年初めの追記:携帯型バッテリー供給装置の機内貸し出し - Rent-A-Powerbank という名称
携帯型のバッテリー供給装置 Mili Powerbank が機内で借りられる:レンタル料金RM 20
使える機器:多くのメーカーのノートパソコン、iPhone, iPad, Samsung Galaxy Tab, 多くのスマートフォン、及び利用者側でUSBケーブルを用意した機器

質問:座席を選んだ後でその指定座席を変更できますか?

答え:”自分の予約を管理する”というメニューを使えば、座席の変更ができます。ただし同じ座席クラス内であり且つ他の座席が空いている場合です。なお座席クラスを変えて座席を変更する場合は、料金がかかります。
『自分の予約を管理する(Manage my booking)メニューの特徴と利点を説明します』 をクリックします。

質問:一つの予約購入で許される乗客数は何人までですか?

答え:1つの予約購入でできる乗客数は最高9人までです。その制限数を超えた乗客に関しては、別の予約購入をしてください。


質問:私の機内預け手荷物に旅の連れの手荷物をいっしょにまとめてもいいですか?

答え:はい、いいですよ。あなたと一緒に旅する人の乗客名簿上予約購入番号(PNR)が同じであり且つ揃ってチェックインカウンターに現れた場合は、手荷物をまとめることができます。

Intraasia注:例えば家族4人でいっしょに旅するとき、普通は誰か1人が家族の分もいっしょに予約して合計金額を支払うということになりますね。そういう時は当然1つの予約番号 (PNR) の下に座席が4人分となる。こういう場合には旅の連れの間で手荷物をいっしょにまとめて預けてもかまわない、とこの説明から理解できます。
しかし、例えば友達2人でいっしょに飛行機に乗るのだけど、それぞれ別々にそのフライトを予約購入した、従って予約番号(PNR) は2つあることになる。こういう場合は2人分の手荷物をまとめて預けることはできないということでしょう。

PNR に関する追記 -2013年1月
PNR とは Passenger Name Record の省略形であり、 AirAsia が予約購入番号の意味で使用している。予約購入番号はアルファベットと数字を組み合わせた形式になっており、利用者が AirAsia のフライト予約をひとたび確定すると(つまり支払が終わると)、この PNR が作られます

質問:エアアジアでゴルフ道具を持って行けますか?

答え:はい、できます。チェックインカウンターでゴルフ道具にはスポーツ用器具料金が課されます。利用する空港によってこの種の料金が違うことがあるので、エアアジアサイトにある「諸費用・料金表」でお調べください。

Intraasia注:スポーツ器具に関しては、『エアアジアを利用する際のよくある質問とその答え-ゴルフ用品、ダイビング器材、サーフボード編』 をクリックしてごらんください。
料金に関しては、この画面の右側にあるカテゴリー欄から 【エアアジアの料金・費用の金額及びその内容(荷物を含む)と説明 】 をクリックして、該当する航空会社のページをご覧ください。


質問:スポーツ用器具として機内預けにする場合の料金はいくらですか?

答え:ゴルフ道具、ダイビング器具(これは条件付で認めます)、サーフボード、スキー、スノーボード、自転車 は、片道区間毎且つ1品目毎にスポーツ用器具として機内預け荷物になります。これら6種の品は(それぞれ)20kgまではスポーツ用器具料金としての料金が課され、その重さを超えると重量超過料金が 1kg毎にかかります。

Intraasia注: 料金に関しては、この画面の右側にあるカテゴリー欄から 【エアアジアの料金・費用の金額及びその内容(荷物を含む)と説明】 をクリックして、該当する航空会社のページをご覧ください。

2012年4月の追記: 2012年前期にエアアジアは 【諸費用・料金表】を改定して、機内預け荷物及びスポーツ用器具の最大重量をそれぞれ 40kgに引き上げた。同時に料金も改定された。従ってゴルフ道具も最大重量 40kgになった。




AirAsia フライトを予約購入する前に 『新編 エアアジアホームページで予約購入する際の説明と注意点-最新版』 を開いて必ず知っておくべき知識をつけてださい。
スポンサーサイト

テーマ : 航空会社
ジャンル : 旅行

プロフィール

airasia

Author:airasia
マレーシア情報を1996年以来発信し続けている Intraasia のエアアジア専門ブログへようこそ! (2010年10月ブログ開始)
AirAsia が初飛行を開始した2002年以来、Intraasia はAirAsiaを観察し利用しています。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
最新コメント
QRコード
QR
最新トラックバック